ひとり親家庭のための、ウタリくらぶ

ウタリくらぶでは、ひとり親家庭に役立つ情報をお届けします。

【取材してきました!】「こども學舎」全国唯一・NPO法人運営の“保育士養成施設”その3~学校見学~

投稿:   更新:2017/11/25

カテゴリー:就業・職探し 札幌市 地域別情報 特集記事

北海道札幌市西区「こども學舎」さんにお話をお伺いしました。全国で唯一・午前授業で保育士資格が取得できる専門学校、ひとり親・子育て経験者の学生が多いという特徴があります。

北海道札幌市西区「こども學舎」さんにお話をお伺いしました。

全国で唯一・午前授業で保育士資格が取得できる専門学校ひとり親・子育て経験者の学生が多いという特徴があります。

札幌市西区最大の繁華街、琴似地区。

市営地下鉄東西線琴似駅、JR琴似駅から徒歩圏内のダブルアクセスの活気ある商店街の中に、その学び舎「こども學舎」さんはあります。

平成21年度に開学し、25年度に全国で初めてNPO法人運営の「厚生労働大臣指定保育士養成施設」となりました。

6月14日、この日は残念ながら小雨となりましたが、ウタリくらぶの取材班は「こども學舎」さんへお伺いし、理事の河村泰孝さんに直接インタビューさせて頂きました。

kodomogakusya3-1

(メインロビーに展示されている造形物)

Have to ではなく Want to の学び」

こども學舎のメインロビーに展示されている造形表現の製作物を拝見すると、一つとして同じものがない、非常に個性が発揮された作品がとても魅力的でした。

この伸びやかな表現ができるのはいったいどうしてでしょうか。

わたしたちがかつて学校などの教育機関で学ぶとき、小中高とほぼ義務教育化された学校や、自動車教習所のような技能取得のための学校では、与えられたことをこなしていくという義務的で、非常に受動的な学びの場面が多く有りますが、こども學舎で学ぶ学生たちは、」になるという共通の目標を持ち、学んでいることが仕事のスキルに直結するということ、また、社会人経験のある学生の場合、多くの選択肢の中から「保育士」になろうという動機付けがあって入学してきているということで、

やらされているのではなく、自ら学びたいから

という高い動機付けがあるようです。

それは、家庭の状況の急激な変化など避けられない事情ができた方を除き、ほとんどの学生が無事、保育士として卒業していくという結果にあらわれています。

中には、学生のうちから「待機児童問題解決」という高い志を持って積極的に学ぶ学生もいるということでした。

取材させていただいた当日は、半分の学生が校外の保育実習に出かけているということで、施設内も見学させていただきました。

学生のための託児ルーム

kodomogakusya3-2

(学内に併設されている託児ルームの様子)

札幌市の待機児童問題もまだ解決しておらず、預け先がまだない子育て経験のある学生や、ひとり親であれば、2歳からの子どもをを校内で預かってもらえる託児ルームがあるのは、安心です。夏休みなどの長期休み期間は、小学生も利用可能だそうです。

kodomogakusya3-3

(託児ルームの周りには、可愛らしい動物の飾りで彩られています)

教室

kodomogakusya3-4

(2階部分にある教室の様子)

広々として開放感のある教室では、授業にも身が入りそうです。

音楽室

kodomogakusya3-5

ピアノが練習できる音楽室もありました。

音楽室には27台の電子ピアノとアップライトピアノがあり、また各教室にもアップライトピアノがあります。

中には、ピアノ演奏経験のない学生もいることでしょう。

なんと、自宅でも練習できるように、電子ピアノを貸し出すサービスがあるということです。

やる気がある学生をサポートしてくれるシステム。すばらしいですね。

(参照:[リンク]こども學舎 學内風景 ピアノ練習② / [リンク]こども學舎 よくある質問 ピアノ初心者ですが大丈夫でしょうか?

こども學舎・河村理事と

kodomogakusya3-6

今回は、「ウタリくらぶ」取材班が、当サイトのテーマである「ひとり親」支援に顕著な特徴をもつ、北海道札幌市の保育士養成専門学校、「こども學舎」河村理事にお話をお伺いいたしました。

全国に類を見ない特徴的な「午前授業」

「ひとり親」のための学習環境充実

子育てや社会経験があり即戦力のある人材を輩出する学び舎

実際に拝見して、ぜひ多くの方に知っていただきたいと思いました。

この度は、お忙しい時間にお話を聞かせていただきありがとうございました。

***

続き・・・『卒業生の声』こども學舎で学ばれ、実際に現場で働かれている卒業生の方にインタビュー!

こども學舎 所在地・連絡先

住所:[MAP]〒060-0042 札幌市中央区大通西18丁目2-8 ファミール大通1,2F
※ H29年4月よりテーオービルから上記へ移転しました。
電話:011-616-1771
FAX:011-616-1773

【ウタリくらぶ内関連リンク】

▼取材記事その1

new_thumb_kodomogakusha  【取材してきました!】「こども學舎」全国唯一・NPO法人運営の“保育士養成施設”

▼取材記事その2

kodomogakusya_ai2_  【取材してきました!】「こども學舎」全国唯一・NPO法人運営の“保育士養成施設”その2

▼ウタリくらぶ内でも国の給付金制度について詳しく掲載させていただいています。

sapporo_ai3 仕事に関するさまざまな取り組み。北海道札幌市のひとり親支援

【関連リンク】

kodomogakusya-3-4

※ 本稿は執筆時点である平成28年7月現在の情報を記載させて頂いております。

投稿:   更新:2017/11/25

カテゴリー:就業・職探し 札幌市 地域別情報 特集記事

ウタリくらぶに記事掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

その他、制度改正等に伴い掲載された内容が最新のものと異なる場合などお気づきの点がございましたら、お手数ですが同様にお問い合わせフォームよりご指摘頂けますと幸いです。

ひとり親家庭の方々に役立つ情報発信に、皆様のご協力をお願いします。