ひとり親家庭のための、ウタリくらぶ

ウタリくらぶでは、ひとり親家庭に役立つ情報をお届けします。

    【取材してきました vol.018】一般社団法人りむすび・しばはし聡子さん:第3回~今、気付きを得たいと思った方をサポートしたい~

    投稿:   更新:2018/02/16

    カテゴリー:世田谷区 離婚・別居 家族関係 東京都 地域別情報 特集記事

    クライアントの気持ちに寄り添いながらサポートされているりむすびさんのこれからのことや、共同養育についての座談会のことなどをお聴きしました。どうぞご覧ください。

    ウタリくらぶでは、実際にひとり親当事者や支援者である方にもインタビューを重ね、家庭生活や子育て、働き方についての生の声をお聞かせいただき、読者の皆様により身近な情報をお伝えしています。ウタリくらぶ担当記者・西川明子です。

    今回は、共同養育普及についての活動をされているシングルマザー、一般社団法人りむすび代表・しばはし聡子さんにお話をお伺いいたしました。ぜひ、ご覧ください。(この記事は、3回に分けて掲載いたします。)

    ウタリくらぶは、『』など、ひとり親を取り巻く社会問題について、中立的な立場で、取材先様のリアルな発言を記事にしています。

    ←【第1回~面会交流に消極的な同居親の一人だった~】を読む
    ←【第2回~「離婚をしても親は二人」ということが当たり前の世の中に~】を読む

    ***

    ご相談者さまの声、共同養育ママの声

    ●ウタリくらぶ記者・西川明子(以下、西川):
    ホームページには、実際にサポートを利用された方の声や、共同養育を実践されている当事者の方の声も多数掲載されているのを拝見しました。
    その中には、実名でご自身も何らかの活動をされている方も掲載されていましたね。

    ●一般社団法人りむすび代表・しばはし聡子(以下、しばはし):
    はい、共同養育について積極的に考えている方の層を厚くしていきたいという思いがありますので、ご協力いただいている方もいます。
    実際、すでに離婚経験者で、ステップファミリー、、不動産関係などのお仕事や支援活動をされている方からのお声を掲載させていただいています。
    これからは、どんどん共同養育が一般的になるためにも、多くの方の声を集めていきたいと考えています。
    ぜひ関心のある方がいたら、お声をかけていただきたいと思います。

    ●西川:
    この記事をご覧になった方が、関心を持っていただけたら嬉しいです。
    多くの声を掲載されているということは、しばはしさんの活動のお仲間を増やしていきたいということでしょうか。

    ●しばはし:
    今はまだ後進を育てるということには至っていませんが、そのような要望も多いため、広げていく仕組み作りが目下の課題です。
    ご相談者とその先にいるお相手と子どもも笑顔で過ごせるために、クオリティを維持しながら広げることに頭を悩ませているところです。

    ●西川:
    しばはしさんの情熱が伝わってきますね。

    ●しばはし:
    どんなタイミングでも手遅れではないと思うんですよ。
    もちろん初期に来ていただければできることはたくさんありますが、たとえ調停や裁判になっていたとしても、今、気付きを得たいと思った方をサポートしたいと思いますね。

    ●西川:
    きっと、必要としている方が出会っていますよね。
    メールや電話は全国からできますものね。

    ●しばはし:
    そうですね。全国からご相談をいただいています。
    共同養育が当たり前な社会にするために、これからも続けていきたいです。

    もっと気軽に、共同養育について知ろう

    ●西川:
    これまでは、比較的しっかりとした個別サポートについてのお話を、お伺いしてきましたが、座談会など、気軽にしばはしさんとお話しできるような企画も行っているんですよね?

    ●しばはし:
    はい。同居親、別居親、性別問わず集まるカフェ講座を定期開催しています。
    お互いの立場を知ることで気づきを得る機会になればと考えています。
    また、共同養育に関心のある方にも参加いただいています。

    ●西川:
    興味をもっている方にとっては、しばはしさんがどんな方か、『りむすび』さんの活動についても、知っていただけるきっかけになりますし、しばはしさんにとっても、当事者や関心のある方に直接お会いできて、ご意見を聞くよい機会になりそうですよね。

    ●しばはし:
    そうなんです。
    面会交流について消極的だったというママさんが、話をしていくうちに、だんだん前向きになっていき、子どもがお父さんと会うのを楽しみと言うようになったという嬉しい声もいただくことが出来ました。
    活動をしていくうちに、そういった実際に進展のある事例を目の当たりにすることが出来るということも、活動の手ごたえを感じるところです。

    ●西川:
    きめ細やかで深い個別のサポート、集団での座談会での広く浅く広める活動、さらにはもっと社会を変えていくために行政の相談員への教育にも力を入れているという多角的なアプローチを通して、共同養育について推進されている力強さを感じました。
    お話をお伺いできてよかったです。
    これからのご活躍、応援しています。

    編集後記

    今回は、同居親、別居親双方に対する面会交流に関わるサポートや相談業務をお行っている民間の支援活動についてのご紹介をさせていただきました。
    行政のひとり親支援策、既存のひとり親支援団体とはまた切り口の違う活動内容であり、また支援者は当事者でもあるということが、クライアントの気持ちに寄り添いながらサポートができるという取り組みとなっています。
    きっとまだまだ必要としている方がいるのではないかと感じました。

    行政の相談員や、それぞれの地域で活動をしているひとり親支援団体、また、別居親についての支援団体など、多くの方が離婚後の夫婦関係、子育てについての悩みについての相談業務にあたっていますが、相談者も支援団体も、図らずとも、自分の主張を通したいという意思が強く感じられ、相手の気持ちを理解するという視点に立って考えるということがおろそかになっている印象があります。

    その点をとっても、『りむすび』さんの活動は、そのネーミングに象徴されるように、関係性の修復、絆のつなぎ直しを穏やかに行える非常に先進的で、子どもの最善の利益を目指したい親ならば、きっと必要と感じる支援なのではないかと感じました。

    しばはしさんのように、すでに秘書としてのコミュニケーションスキルを持っている方が臨まれているという専門性が高い支援内容ではありますが、きっと敵対ではなく、歩み寄りの姿勢をもって円満に、離婚後の夫婦関係や子どもとの関係を培っていきたいという方は多いはずです。

    いつか体制が整い、第二、第三のしばはしさんが全国で活躍できるような仕組みづくりも、ぜひ構築していただきたいと期待しています。

    すでに行政機関の相談員の教育に当たっているということですので、間接的に、広く地域に共同養育について積極的に考えることが出来る社会風土が広まる時も近いかもしれません。(ウタリくらぶ記者・西川明子

    ***

    ウタリくらぶの取材記事一覧へ

    <一般社団法人りむすび プロフィール>

    代表・しばはし聡子さんが、ご自身の子連れ離婚経験を生かし、別居・離婚後の子育てや相手方との関わりで悩む方の手助けをしたいという思いから活動を開始した。
    2016年4月、「せたがや離婚・面会交流相談室りむすび」設立。
    2017年10月、「一般社団法人りむすび」設立。

    ■活動概要

    • 子連れ離婚に伴う夫婦問題・離婚後の子育てに関するご相談
    • 面会交流における仲介支援
    • 講演・執筆による共同養育普及活動(当事者・行政・支援員向けなど)

    ■理念「離婚しても子どもにとって親はふたり」

    【ウタリくらぶ内関連リンク】

    【取材してきました vol.018】一般社団法人りむすび・しばはし聡子さん:第1回~面会交流に消極的な同居親の一人だった~
    【取材してきました vol.018】一般社団法人りむすび・しばはし聡子さん:第2回~「離婚をしても親は二人」ということが当たり前の世の中に~

    ***

    ウタリくらぶの取材記事一覧へ

    投稿:   更新:2018/02/16

    カテゴリー:世田谷区 離婚・別居 家族関係 東京都 地域別情報 特集記事

    ウタリくらぶに記事掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    その他、制度改正等に伴い掲載された内容が最新のものと異なる場合などお気づきの点がございましたら、お手数ですが同様にお問い合わせフォームよりご指摘頂けますと幸いです。

    ひとり親家庭の方々に役立つ情報発信に、皆様のご協力をお願いします。