ひとり親家庭のための、ウタリくらぶ

ウタリくらぶでは、ひとり親家庭に役立つ情報をお届けします。

    【取材してきました vol.020】NPOピーチハウス・川瀬亜矢子さん:第3回~推測で動くよりも、目の前の人の話をちゃんと聞く~

    投稿:   更新:2018/03/19

    カテゴリー:北海道 札幌市 離婚・別居 家族関係 地域別情報 特集記事

    シンママやシンパパ、プレシングルの方、みんなが寄り添い合ってより良い社会をつくっていきたい、そんな想いになる記事です。どうぞご覧ください。

    ウタリくらぶでは、実際にひとり親当事者や支援者である方にもインタビューを重ね、家庭生活や子育て、働き方についての生の声をお聞かせいただき、読者の皆様により身近な情報をお伝えしています。ウタリくらぶ担当記者・西川明子です。

    今回は、北海道札幌市で活動する非営利の市民活動団体「ピーチハウス」のメンバー、川瀬亜矢子さんにお話をお伺いしました。

    川瀬さんは長年、DV被害者の支援活動をされています。
    ひとり親になる選択をする際に、家族間の暴力に悩み、ご自身やお子さんを守るためにやむなく家を出て、離婚という選択を取らざるを得なかった方も多数いらっしゃいます。
    実際、シェルターを運営する団体において、多くの親子を保護し自立支援のご経験をお持ちの方にお話をお伺いすることで、もし自分や親しい誰かが問題に直面した時に、良い解決に向けて行動するきっかけになるのではないかと思いました。(この記事は、3回に分けて掲載いたします。)

    ←【第1回~家庭内にDVがあったことに大人になってから気づいた~】を読む
    ←【第2回~DV被害者支援活動のベースには幼い時の気持ちがあった~】を読む

    ***

    プレの状態、まだ行動に移していない方のための支援

    ●NPOピーチハウス・川瀬亜矢子さん(以下、川瀬):
    わたしは活動をしている中で、そういえば自分もDV家庭で育ったんだったわ、と気がつきました。
    だからと言って必ずしも当事者が支援活動をしなくてはいけないわけではないし、もし当事者だけだったら担い手が足りないのです。
    全員が当事者である必要はなく、どれだけ当事者に寄り添える想像力があるか、が大事だと思います。
    現在ひとり親じゃなくても、その家庭で育ったとか、DV家庭ではないけど、セクハラやモラハラにさらされているとか。
    ですから、西川さんも、プレシングルという視点でひとり親のための情報を発信していることはとても必要なことだと思いますよ。

    ●ウタリくらぶ記者・西川明子(以下、西川):
    そうですね、専門家や行政の担当者が必ずしも、その問題の当事者であったとは限りませんよね。
    また、当事者だからこそ見えてこない、広く見渡す視点ということも、時には必要なことなのではないかと感じることもあります。
    ひとり親支援に関しては、わたしはよく『斜めの視点』と言っているんです。

    ●川瀬:
    例えば、これから赤ちゃんが生まれてくる家庭の両親学級のような、プレパパママ講座があるのだから、まだそうなっていない方が準備するための情報の発信も大事だと思っているんです。
    これまで支援をしてきた方々の多くは、既にシェルターに逃げてくるなどの行動を起こされた後、でした。
    シェルターに避難してくるということは、命の危険にさらされるなど緊急を要することではあったのでしょうが、DV家庭で、多くの場合、妻と子どもが逃げるということは、その後の生活の段取りなど、よほどのことだし、とても大変なのです。
    わたしは加害者の方を家から出して、妻と子どもは逃げなくていいと思っているので、プレの状態で正しい情報を取れて、自分のタイミングで使うという準備が出来たらよいなと思っています。
    支援者が持っている様々なカードを出して、自分がどんな段階にいるのか、そしてどうしたいかよく考えて選べるようにしたらいいのです。

    ●西川:
    そうですね、家庭内にDVがあるということは、良くないことなのですが、そのために絶対避難をしなくてはならない、離婚をしなくてはならないということでもありませんよね。
    以前、夫の子どもに対するDVをきっかけに離婚をされた方のお話を聞いたことがありますが、ご自身で家を出ることを決めたのではなく、ご親戚からの児童相談所への通報がきっかけになったのです。
    DVのない環境になったことは良い事ではあったと思いますが、その後の生活でいろいろとご苦労をされているようなので、果たして最善の選択だったのかというとそうとも言い切れないのかなと感じました。

    ●川瀬:
    いろいろな選択肢がある中で、結果的に家を出るということを選択したとしても、自分たちのペースやベストタイミングで行動するのと、外的な力で考える暇もなく行動をするしかなかった場合と、いくらいろんなことを想定していてもその通りにはいかないこともありますが、その後の生活が変わってくるんです。
    子どもたちだって人格がありますし、周りから、やいのやいの言われるより、自分で決断する能力があるのです。
    もし、自分たちの不本意な形で行動をしたときに、誰々のせいでこんなことになった、と後悔することになったらもう遅いのです。

    ●西川:
    どういう選択肢があるか、自分が置かれている状況を冷静になって考えてみる時間や安全な場所、経験豊かな相談員、いくつか条件が必要だと思いますが、今後のためにはよく考えてみることが必要ですよね。

    ●川瀬:
    活動の中で、その夫婦のことをよく知っている行政の人から、『妻の方がひどいのに、あなたはこっちの話だけを聞くのか。両方の言い分を聞いて裏を取らないのか』と言われたことがあるんです。
    私たちは民間での活動なので、あくまでも目の前にいる相談者の話を、不自然に感じることがあるとしても信じるんです。

    ●西川:
    目の前にいる人のことを信じる。

    ●川瀬:
    その人に力があると信じます。
    情報は持っているので、選択肢のカードを並べて、今のタイミングで何が目的なのか、子どもを大学まで進学させたいという目標があるのなら、そのためにはどうしたらよいのか、もちろん必要であれば弁護士を紹介することもあります。
    ずっと続けてこられたのは、たくさんの人たちに会って、それぞれに力があると実感できているからこそなのです。

    ●西川:
    人生を開拓する力がある?

    ●川瀬:
    その中で、揺れる、戻る、いなくなる人もいますけど、一つ一つ自分で選択して動かれていく。
    人との関わりは、とても奥が深いです。

    新たなアプローチ、家族貸します?

    ●西川:
    これまで川瀬さんが育った環境や、NPOでのDV被害者支援活動などについてのお話をお伺いしてきましたが、今後何か新たな展開などはありますでしょうか?

    ●川瀬:
    DV家庭で育つことを子どもが選んだわけではないし、もし家を出たらその後、施設で育つ子もいるかもしれなんです。
    18歳ぐらいまでにどこで育つか、どんな大人に出会うか、行動範囲がどう広がるか、どこに行くかで人生が変わります。
    こういう仕事をしていることを情報発信すると、子どもの学校の保護者の方から、『離婚を考えているんだけど』『子どもの目の前で、夫が怒って2階の窓からテレビを放り投げるんだけど、どうしよう』『水道が止められてしまったので、お風呂を貸して』といった相談が来るようになりました。
    本当にいろんな家庭がある中で、離婚をしてお父さんがいなくなってかわいそう、って世間は言うけど、暴力を振るうお父さんより、野球チームで一緒になることがある優しいお父さんとか、保育園の先生とか、地域のお兄さんお姉さんにいっぱい愛情をもらって生きていくのもすごくいいんじゃないかと思ってます。

    ●西川:
    必ずしも血縁のある親だけではなく、保育園の先生など、重要な他者と適切な愛着の絆をつなぐことが出来たら、子どもの発達にとってはよい影響があるとされています。
    たとえ、ひとり親になったとしても、自分の親以外の重要な他者にどこで誰に出会ったか、どう関わりを持ったかということが、将来に大人になった時の生きやすさにも関わるのでしょうね。

    ●川瀬:
    シェルターにDV被害者親子を保護し、退所後の自立支援の相談もトータルで行っているのですが、その中で出た話題として、今、私が関わっているLGBTの同性カップルは、自分たちの子どもを持てないですよね。
    例えばですが、シングルマザーが仕事で帰りが遅いといった場合に、銭湯に男の子を一緒に連れていきますよ、とかね。
    子ども食堂を利用したり、学習支援の場を利用するとか、誰かとお家でご飯を作って待っているとか、誰からがそばにいることで、子どもの力を引き出すような経験ができるような仕組みづくりをしたら、いいと思いませんか?
    男手があると助かるような。例えば、キャンプにいきましょう、とか。

    ●西川:
    シングルマザーさんたちは、どうしても男手の足りない部分も自分で何とかしようとしがちですけど、実際に男性の担い手が関わるよ、と手を上げてくれるのはすごくいいですね。

    ●川瀬:
    だから、逆もあると思うの。
    思春期の女の子がいるシングルファーザーさんのところに、女性が性教育に行くとか、子どもたちにとっても、いろんな人がいるんだなと多様性に触れる機会となって、うまくまわるようになるといいんじゃなかろうかと。

    ●西川:
    実は「家族貸します~ファミリーコンプレックス」というドラマがあるんです。
    それこそ、離婚してひとりで暮らしているお父さんで、ガンで命が短い人が、妻と娘の代わりを借りる、といったストーリーでした。
    フィクションでしょうし、ドラマでは商売としてやっていましたけど、必要としているところに、人材として派遣できるようになったらいいなと。
    昔のように地域のお節介おばちゃんみたいな関係ができにくいじゃないですか、ちょっと知らない人が声をかけただけで、不審者情報メールで一斉配信されるような物騒な世の中です。
    必要としている人と、何かができる人がつながるようなシステムがあるといいですよね。

    [リンク]家族貸します ファミリーコンプレックス

    ●川瀬:
    ひとり親支援団体や、LGBTの団体に『ボランティア募集しています』と掲載してもらったり、口コミのネットワークでつなげてもらったりと、若い人は情報を取るのがうまいので、発信することで多くの方に広がったら、北海道だけじゃなくてほかの県にも同じ仕組みができるようになるんじゃないかな。

    ●西川:
    今でも、大学生ボランティアがご老人のおうちに雪かきにいってご飯をごちそうしてもらうなんていう協力関係もありますから、ちょっと発展させれば出来そうな気がしますね。

    ●川瀬:
    誰かおせっかいな人がフットワーク軽く、御用聞きみたいな感じで行けばいいんですけどね。

    ●西川:
    川瀬さんは、調整役がお上手なんじゃないですか?

    ●川瀬:
    保育園育ちですし、人に育ててもらったという感覚があるからかもしれません。
    精神科に就職を決めたのも、その時自分は元気だったんで、将来参ってしまったらお世話してもらおうと思ったぐらい。
    一人で頑張ろうとは思っていないので、いい感じにゆるいのかも。

    ●西川:
    川瀬さんの背景にあるDV家庭で育ったことの影響という『点』があると思うんですけど、陰のある感じではないですよね。
    自己肯定感が高く、お母さんの広く深い愛情をもって育ててもらったということが、生きづらさ、気づきがあったとしてもご自身が好き、頑張ればできるという芯の強さ、ぶれない軸が感じられました。
    相談されてきた方に、これからの人生においての道筋をお伝えするという重要な役割を担っておられますよね。

    ●川瀬:
    自分のタイミングじゃないときに何かされるよりも、『ビールちょうだい』と言ってからついでもらったほうが受け入れやすいように、聞いてみないとわからないこともあります。
    推測で動くよりも、目の前の人の話をちゃんと聞いてみようと思っています。

    ●西川:
    目の前の人を信頼すること、ご自身の経験から共感的に支援に当たられているので、きっと今、辛い思いをしてどうしようか悩んでいる人も、相談してみようと一歩踏み出せると思います。
    ピーチハウスさんの活動は、女性と子どもに関する様々なテーマがありますので、ぜひ多くの方に足を運んでいただきたいですね。
    新しいアイディアもぜひ実現させていきたいですね。
    今日は、お話を聞かせていただきありがとうございました。

    編集後記

    最新の厚生労働省の人口動態によると、離婚件数は約22万6000組、前年よりが約4100組増加し、未成年の子がいる離婚件数は13万組で、その子どもの数は約23万人とされています。

    [PDF]平成29年我が国の人口動態

    平成24年度離婚原因ランキング(総務省調べ)を引用した記事によると、2位が『暴力を振るう』、4位『精神的に虐待をする』といったDVに起因する離婚が上位を占めており、離婚家庭で育つ子どもの多くは、自分自身または同居親がDVを受けるという事態に直面しているのです。

    [リンク]日本の夫婦の離婚率|離婚原因からみる今後の対策方法まとめ

    取材記事中に、昭和という時代という表現を使いましたが、DVの世代間連鎖も心配されており、かつてDV家庭で育った子どもが親になった時に、その子を虐待してしまうという心配もされています。

    [PDF]児童虐待における世代間連鎖の問題と援助的介入の方略:発達臨床心理学的視点から

    DV被害者、という言葉の響きは、非常に重大で許しがたい事態に直面し、直ちに加害者から離れることを想定しがちです。
    もちろん、いかなる理由があったとしても、身体的暴力は許されることではありませんし、近年はモラルハラスメントといって精神的な虐待、加害者側に自覚がなくても、被害者側に大きな苦しみを伴うならば、虐待とみなされるようになりました。

    今回、ご自身がかつてDV家庭で育ち、支援活動に当たられている方にお話しをお伺いしましたが、その柔和な笑顔と優しい語り口で、悲壮感漂うことなく、きっと多くの被害者親子をこの暖かい雰囲気で癒してこられたのだろうなと感じました。

    川瀬さんご自身の性格が、困難な状況でも解決策を見出してくる強さをお持ちであると感じたと同時に、たとえ遺棄、暴力があったとしても夫や子供たちを、海のような深い愛情をもって受け止め、経済的に家計を支えて家事もこなした、心の広いお母さんの存在がとても大きいのは間違いないとも思えました。

    DVの世代間連鎖は、子どものころに受けた苦しみや傷が、解決されないまま一人の人間としての自己肯定感が十分に育たない状態で大人になってしまったことに原因があるのかもしれません。

    少なくとも、川瀬さんの代では、負の連鎖は断ち切られているようです。

    もちろん、ご自身やお子さんに対して身体的精神的DVが日ごろから与えられ、健全な生活が送れない事態であれば、シェルターへの避難、離婚という決断をすることも必要でしょう。
    ただし、ご自身が納得したタイミングで、これからどうしていくかということを考えた上での行動が大切です。
    緊急を要する事態になり、いったん避難したとしても、そこで情報を得て、自分と子どもがこれからどうしたいかを選択するのは自分自身なのです。

    ひとり親になるという選択には、必ず経済的自立が伴います。
    これからは、日ごろから経済力を持つということが、何かを決断することにおいて重要になってきます。

    また、時期を待つ、ひとり親にならないという選択肢もあります。

    幸い、公的支援策、民間の支援活動があります。
    ひとりで耐えていないで、ぜひ相談に行ってみてください。(ウタリくらぶ記者・西川明子

    ***

    ウタリくらぶの取材記事一覧へ

    <NPOピーチハウス プロフィール>

    2004年、地域のこども会活動をきっかけに、人権啓発活動と暴力未然防止、性の健康教育などの情報発信をするべく「CAP」「性の健康教育」の活動を開始。
    2006年、本格的にNPOピーチハウスとして活動、以降「デートDV防止プログラム」「誕生学」「こころのケア講座」等を開催。女性と子どもが大切にされ、また自らを大切にする環境環境づくりが不可欠だと考え、「人権啓発活動」や「性の健康教育」「暴力未然防止活動」などを行う。メンバーは、性教育やカウンセリングの指導者としての研修を受け専門性を兼ね備えた社会活動家、医師、助産師、看護師、作業療法士などの医療者も関わる。

    【関連リンク】

    【ウタリくらぶ内関連リンク】

    【取材してきました vol.020】NPOピーチハウス・川瀬亜矢子さん:第1回~家庭内にDVがあったことに大人になってから気づいた~
    【取材してきました vol.020】NPOピーチハウス・川瀬亜矢子さん:第2回~DV被害者支援活動のベースには幼い時の気持ちがあった~

    ***

    ウタリくらぶの取材記事一覧へ

    投稿:   更新:2018/03/19

    カテゴリー:北海道 札幌市 離婚・別居 家族関係 地域別情報 特集記事

    ウタリくらぶに記事掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    その他、制度改正等に伴い掲載された内容が最新のものと異なる場合などお気づきの点がございましたら、お手数ですが同様にお問い合わせフォームよりご指摘頂けますと幸いです。

    ひとり親家庭の方々に役立つ情報発信に、皆様のご協力をお願いします。