ひとり親家庭のための、ウタリくらぶ

ウタリくらぶでは、ひとり親家庭に役立つ情報をお届けします。

【取材してきました vol.019】キャリアバンク:第2回~働きやすい職場環境とお給料・ワークライフバランス~

投稿:   更新:2018/03/05

カテゴリー:就業・職探し 北海道 札幌市 離婚・別居 地域別情報 特集記事

ひとり親家庭の事情と企業の事情の両方をよく分かっているキャリアバンクさんだからこそのリアルな声をお聞きする事ができました。どうぞご覧ください。

ウタリくらぶでは、実際にひとり親当事者や支援者である方にもインタビューを重ね、家庭生活や子育て、働き方についての生の声をお聞かせいただき、読者の皆様により身近な情報をお伝えしています。ウタリくらぶ担当記者・西川明子です。

今回は、北海道札幌市にて2018年3月3日(土)に開催される、『ひとり親のための合同企業説明会』について、札幌市ひとり親就業機会創出事業を実施・運営するキャリアバンク株式会社さんに、詳しいお話をお伺いしてきました。当日は、第5営業部パブリックサービスのキャリアカウンセラー、加藤さん、山下さん、神田さんにご対応いただきました。(この記事は、2回に分けて掲載いたします。)

←【第1回~「ひとり親のための合同企業説明会」を毎年1回開催~】を読む

***

働きやすい職場環境とお給料

●ウタリくらぶ記者・西川明子(以下、西川):
ひとり親のための合同企業説明会に出展している企業さんは、お子さんをひとりで育てながら働くことに対しての理解と協力が得られている、働きやすい環境が根付いている企業さんであることが分かりました。
もう一つ懸案事項として、ひとり親の方からよく聞くのは『とても働きやすい職場なんだけど、収入面で厳しくて』という声です。
いくら働きやすくても食べていくのもやっとであれば、経済的自立はできません。
お子さんが比較的小さい時には、食べる量も少ないでしょうが、食べ盛りの時期や進学にお金がかかる時期になると、だんだん大変になってくるでしょう。
そのあたりはいかがでしょうか?

●キャリアバンク第5営業部・加藤さん(以下、加藤):
わたしはひとり親なんです。
子どもが小学3年生ぐらいのころから働いていますが、行政のひとり親支援策を利用し、自分のお給料と一緒に生活に充てています。

●西川:
そうだったのですね。知り合いのシングルマザーさんも、もちろん行政からのひとり親支援策を利用しています。
児童扶養手当の他、医療費の助成もあるから助かるというお話を聞いています。
ただ、離婚当初は約束されていた養育費が、だんだん払われなくなってしまうという現実もあるようです。

●キャリアバンク第5営業部・山下さん(以下、山下):
少子高齢化が進み、子育てにかかる費用も以前よりは高くなっているということも影響しているかもしれませんね。

●西川:
一生懸命に働いたとしても、なかなか生活が楽にならないワーキングプアから抜け出すためにも、お給料の面でも、企業さんに努力していただきたいところです。

●山下:
そうですね、子育てと仕事の両立といった面では課題が残ります。
ある程度、有資格者の再就職支援にも関わっていますが、短い時間だけ働くということも難しく、だからといって長時間残業もしてというわけにもいかないという職種ならではの限界もあるのです。

●西川:
既に何か資格を持っていらっしゃる方も、働き方に悩まれることもあるのですね。

●山下:
最近では『時短の正社員』という働き方が増えています。
お給料の確保と、お子さんのお迎えに無理なく間に合うように帰ることができる。
もし状況が許せば、だんだん時間を増やしていくということもできます。
お子さんの年齢に応じて、働き方や仕事の内容を変えていくという方法で対応をしている方もいらっしゃいます。

●西川:
今ではすでに正社員として働いていて、産休育休明けで復帰するときにも、企業さん側の受け入れ態勢により、働き続けられるかどうかが分かれ道になると聞いています。
これから新しい職を求めるのでしたら、なるべく環境が整った企業さん、また企業さん側も新たな人材を育てるために時間も投資もする必要がありますから。
お互いのためにも長く働いていただけるような方法がお互いに作れるといいでしょうね。

●加藤:
今回の『ひとり親のための合同企業説明会』の出展企業さんは、皆さん理解のある受け入れ態勢の整った職場環境です。ぜひおすすめですね。

外で長時間働けない方に、テレワークという選択

●西川:
これまでは、子どもの事情が許す範囲で、なるべくたくさん働きたいと思っているひとり親の方を想定してお話をしてきました。
もちろん、気力も体力も十分でバイタリティのあるひとり親の方もたくさんいらっしゃいますが、すべての方にモチベーションを高くして働いてください、ということはなかなか個別の事情により許さない場面もあると思います。
というのも、小さいお子さんの子育てに加えて、ご高齢のご家族の介護をしているというようなダブルケアを担っている方も増えています。
また、ひとり親になったという、パートナーを何らかの理由で失った傷つきや落ち込みからなかなか回復できない方もいらっしゃいます。
たくさん働いて、経済的に自立しなくては、と思ってはいるものの、なかなか時間的制約が許さない方、フルタイムで働いているのだけど、もう少し収入があったら助かるのに、という方は多いと思います。

●加藤:
今回の『ひとり親のための合同企業説明会』のプログラムには、今回初めて、テレワークについてのセミナーがあります。
セミナーと言えば、対面で講師がその場に立ってお話しするイメージがありますが、今回なんと、セミナー自体もテレワークさながら、ウエブで東京の在宅ワーク事業を展開しておられる企業の取締役にお話ししていただくことになっているんです。

●西川:
テレワーク! 在宅でもお仕事ができるという働き方ですよね。
例えばどんなお仕事があるのでしょうか?

●加藤:
はい、電話を掛けたり、インターネットを使って何か作業をしたりします。
その中には、コメントをつけたり、レビューを入れたりといった、女性なら普段から好きでやっているようなことも、お仕事になるんです。

●西川:
わたしも読んだ本や使ってよかった商品、美味しかったお店などにコメントをつけたりレビューを入れたりするのが趣味でよくやっているんですよ。
これがお仕事になるんですね?!

●加藤:
テレワークもいろいろな種類があります。
どこかの企業さんが、『どなたかこういう仕事をやってくれる人はいますか?』とお仕事の依頼をして、登録者にマッチングするようなお仕事があります。

●西川:
マッチングしてもらえるんですね。
今流行りのクラウドワークス的なサイトに登録はしてみるものの、どうやってお仕事を受注したらよいかわからずにいたんです。
入口が全く分からなかったんです。
私も普段やらせていただいている、ライターのお仕事は、所属しているチームがあって、ボスからのお仕事の依頼が具体的に来て、割り振られて作業をしています。
そのように、どのような仕事なのかをちゃんとマッチングしてくれるのなら、きっとやってみたい方は多いと思います。

●加藤:
そうですね。
先ほど話題に出た、なかなか家庭の事情などにより、外で長時間働くことが出来ない方や、お勤めはしているけど、あと少し収入を増やしたい方などに、お勧めです。

●西川:
3月3日の合同企業説明会でそのお話が聞けるのですね?

●キャリアバンク・第5営業部 神田さん(以下、神田):
この日は、テレワークセミナーを入れ替え制で2回行うことになっています。
13時からセミナーが30分、5分程度質疑応答。
10分休憩をとって13時45分に2回目を開催します。
当日はぜひご来場の方には、セミナーも聞いていっていただきたいと思います。

●西川:
そうですね、小さいお子さんがいる方も、寝かしつけてからテレワークをやろうなんてこともできますよね。
もしパソコンがない方がいたら、貸し出してくれたりもするでしょうかね?

●加藤:
今は、パソコンよりもスマホの時代です。
スマホがあればできるお仕事もあると聞いています。

●西川:
そうですね、スマホはお子さんの幼稚園や保育園、学校などの連絡にアプリを使う時代になりましたから、かなり多くの方が持っているはずです。
それなら初期投資があまりかからず、気軽にお仕事を始められますね。

●加藤:
テレワークの中には、画像を撮って送るという作業もあると聞いています。
スマホ一台あれば、お仕事につながるかもしれません。

●山下:
今回は『ひとり親のための合同企業説明会』ではあるのですが、在宅ワークを希望されている方も、今回のテレワークセミナーは関心があるかもしれませんね。

●西川:
そうですね。実際これからひとり親になるかもしれないプレシングル、ひとり親予備軍の方たちも、どんなお仕事があるのか興味を持っているのではないかと思います。

●山下:
去年は実際、プレシングルの方も参加されていたんですよ。

●西川:
札幌はひとり親が住みやすい土地だと聞いたことがあります。
そういった地域の風土のおかげで、ひとり親の方が働きやすい企業さんが根付いているのかもしれませんね。

●加藤:
わたしは札幌出身ではありませんが、離婚後札幌に引っ越してきました。
偏見もなく、とても環境がいいと思います。
とても楽しくお仕事をしています。

●神田:
今回も、弁護士さんや、札幌市の職員の方に相談ができるコーナーもあります。
ぜひ併せてご利用いただきたいですね。
ひとり親ならではのお悩みや、プレシングルの不安も、このイベントでお仕事の情報とともに情報が得られる貴重な機会です。
ぜひ足を運んでください。

●西川:
このたびは、『ひとり親のための合同企業説明会』について具体的なプログラムや、出展企業さんについて、これまでの開催時の反響についてなど、リアリティのあるお話をお伺いしてとてもためになりました。
わたしとしても、働くということに対して、ワークライフバランスを考える良い機会となりました。
ぜひ必要な方に情報が届き、よいお仕事に巡り合えますように。
今回は、お話を聞かせていただきましてありがとうございました。

●加藤:
西川さんもぜひ、当日お子さんと一緒に参加してみてくださいね。

編集後記

ひとり親の経済的自立について、様々な行政からの支援策はあるものの、やはり自ら働いて家計を支え、子どもを育てていくということが不可欠です。
いきなり、フルタイムで働くだけがお仕事ではなく、お子さんの成長に合わせた働き方を柔軟に変化させることによって、無理なく生活を支えていくことの大切さも知りました。

また、ひとり親こそ、ぜひ一緒に働いて欲しいと熱望している企業さんも多数いらっしゃるということを聞き、とても励みになりました。
『ひとり親のための合同企業説明会』に出展している企業さんは、自社の環境を子育てしやすい環境に整え、ただ労働をするだけではなく、共に人生を歩んでいく仲間として受け入れてくれようとしていると感じます。

外に出て長時間働ける方も、何らかの事情で長時間は働けない方も、会社でのお仕事の他、在宅ワークの新しい形、テレワークの仕組みについても学べます。

一年に一度のこの機会、ぜひ北海道札幌市のひとり親の皆様、足を運んでみてはいかがでしょうか?(ウタリくらぶ記者・西川明子

***

ウタリくらぶの取材記事一覧へ

<キャリアバンクさんプロフィール>

キャリアバンク株式会社
住所:[MAP]〒060-0005 札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55
電話 : 011-251-4510(受付時間 平日9:00~18:00)

【関連リンク】

【ウタリくらぶ内関連リンク】

【取材してきました vol.019】キャリアバンク:第1回~「ひとり親のための合同企業説明会」を毎年1回開催~

***

ウタリくらぶの取材記事一覧へ

投稿:   更新:2018/03/05

カテゴリー:就業・職探し 北海道 札幌市 離婚・別居 地域別情報 特集記事

ウタリくらぶに記事掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

その他、制度改正等に伴い掲載された内容が最新のものと異なる場合などお気づきの点がございましたら、お手数ですが同様にお問い合わせフォームよりご指摘頂けますと幸いです。

ひとり親家庭の方々に役立つ情報発信に、皆様のご協力をお願いします。