ひとり親家庭のための、ウタリくらぶ

ウタリくらぶでは、ひとり親家庭に役立つ情報をお届けします。

    【取材してきました vol.016】日本離婚の子ども協会:第3回~新・プロジェクト 自立した大人に成るための方法~

    投稿:   更新:2018/01/27

    カテゴリー:横浜市 離婚・別居 家族関係 神奈川県 地域別情報 特集記事

    日本離婚の子ども協会の中田さんと平賀さんが挑戦している新しいプロジェクトのお話をお伺いしました!ぜひご覧ください。

    ウタリくらぶでは、実際にひとり親当事者や支援者である方にもインタビューを重ね、家庭生活や子育て、働き方についての生の声をお聞かせいただき、読者の皆様により身近な情報をお伝えしています。
    ウタリくらぶ担当記者・西川明子です。

    今回は、東京を中心に活動をしている方のもとへ、北海道から上京してお話を直接お伺いしました。
    上京したとき、どうしてもお会いしたかった方々は、以前取材した「コトオヤネットさっぽろ」「親子ネットさっぽろ」両団体が昨年11月に主催した「面会交流学習会」に、講師として来道された「日本離婚の子ども協会」の元代表・中田和夫さんと、現代表の平賀信吾さんです。(この記事は、3回に分けて掲載いたします。)

    ←【第1回~1年越しの取材、子どもの立場から~】を読む
    ←【第2回~被害者意識を手放すことが必要~】を読む

    ***

    新たなプロジェクト

    ●ウタリくらぶ記者・西川明子(以下、西川):
    当事者同士が集まり、語り合う場を作っていくという活動についてお聞きしました。
    かつては、中田さんが当事者のインタビューを集めた小冊子を発行されていましたが、今後は活動においてなにか新しい計画はありますか?

    ●日本離婚の子ども協会前代表・中田和夫さん(以下、中田):
    あのプロジェクトの話はした?

    ●日本離婚の子ども協会現代表・平賀信吾さん(以下、平賀):
    実は現在、親が離婚をしている家庭で育った子どもを対象にした、自立した大人になるための方法について書かれている洋書の翻訳をしております。
    そのような本は、日本においては成人を対象にした支援の目が特に行き届いていないので、まだ存在してないんですね。
    アメリカで出版されていて、これは我々にとって必要なものだなと感じているので、日本語版を我々の手で提供できたらいいなと考えております。
    それを自分たちで読んで、自立や成熟、過去の自分との向き合い方を学んでいこうかなと。

    ●西川:
    精神福祉分野については、日本は欧米にくらべて何十年も遅れていると聞いたことがあります。
    英語で書かれているとなかなか和訳されないと情報が入ってこないですよね。
    昨年の面会交流の学習会でも話題になっていましたが、離婚や子どもについて研究されている論文が多数あったとしても、医療分野や心理の研究者の段階でとまっていて、なかなか法制度には反映されていないとのことでした。
    今では、翻訳アプリと言った便利なものはありますけど、なかなかそこまでして一般の人が洋書を読もうと思わないですよね。

    ●平賀:
    日本は伝統的な家族像を維持する意識が強いですが、アメリカは個人主義です。
    翻訳していて細かい事例などに対して文化の違いがあると感じますが、知っていて悪いことではないと感じています。

    ●西川:
    翻訳し終わったら出版をされるのでしょうか?

    ●中田:
    そうですね、状況が整えばぜひそうしたいと考えています。
    早くやりたいと思ったら翻訳家に頼むとか、方法があるのでしょうけど、私たちのために書かれた本だから、首っきりで読んでやっていくというプロセスに意味があるし、それをグループの活動の柱にしようと思っているんです。すでに2回勉強会では翻訳を抜粋したものをテキストにしました。

    ●西川:
    当事者やその問題について詳しい人が書くということに意味があります。
    私が普段接しているのは子育て支援関係の本が多いですが、ただ英語を翻訳したということだけではなく、注釈として、「この問題は文化的に日本とはどう違う」など解説がしてあったり、翻訳者が一章使って、日本の現状や現場で使える知恵などの情報を加筆したりしているものも見受けられます。
    ただ英語を翻訳するスキルだけではとてもできないことです。

    ●中田:
    そうですね。誰かがやるまえに、自分たちがやろうと思っています。

    ●西川:
    既に発行されている小冊子もとても意義がありますし、必要としている人がいます。
    ぜひ紙の本で出版して、図書館にも置いて多くの方に読んでもらいたいですね。
    今流行りの電子書籍では、図書館にはまだ置けないようですし。

    ●中田:
    小冊子も、大人になった離婚家庭の子どものためのガイドブックづくりの準備作業でした。
    電子書籍も視野に入れていますけどね。

    ●平賀:
    ネットの機械翻訳にかけて、全部一通り翻訳が終わりました。
    しかし、日本語として正しくないところもあり、読みづらいので直しているところです。
    今年いっぱいで最低限読める形にはできるんじゃないかと思っています。

    ●西川:
    そのあとは出版を待つばかりですね。

    ●平賀:
    当事者が読んでみて、何か得られるものがあるということが最も重要です。
    そのうえで同時進行で出版の準備も進めていけたらと思います。

    ●西川:
    多くの方に読んでいただくという意味では、紙の本と、電子書籍両方を用意するという手もありますよね。
    しんぐるまざあずふぉーらむが発行している、「シングルマザー365日サポートブック」は両方あります。
    テキストになる本が出版されるようになれば、お二人が出向かなくても、各地域でそれぞれの班長さんのような方が、ミーティングを開催することも可能になりますよね。

    [リンク]しんぐるまざあず・ふぉーらむ出版「シングルマザー365日サポートブック」

    ●平賀:
    いずれはそこも活動の柱にしようかと思っています。

    ●中田:
    いろいろ話したんだけど、小中高生にも何かしたいということも考えていて「いのちの電話」みたいなものとか、相談会とか。

    ●西川:
    辛い思いを抱えたまま大人になってしまう前に、語り合える場が子どもたちそれぞれにもあるとよいですよね。
    子ども部会のような、聞きあう会。

    活動にかける思い

    ●中田:
    20年ぐらい前から、面会交流という言葉が出てきていまでは一般的になってきました。
    ひとり親の支援、子どもの支援はそれから発展してきているのですが、離婚家庭の子どもが大人になってからの支援というのは依然として空白地帯です。
    辛い気持ちをはきだすことのできるような、そういう場を作りたいです。

    ●平賀:
    代表という立場でいうことではありませんが、僕個人としては、まず親の方に対して離婚という事実にこだわらずに、親という立場に縛られるのではなく個人として幸せになってほしいと感じております。
    家族という縛りに強くこだわって不幸せになるのだったら、別れたうえであれ、自立した大人として幸せになってほしい。
    子どもは親の背中を見て育つと言いますし、その為だったら、どんな方法でも皆で考えていけたらいいんじゃないかと思います。
    同時に、自分たちと同じように子どもの頃家族で色々と苦労した方には、我々と出会うことで少しでも幸せになってもらえたらと願います。

    ●中田:
    これまで当事者に取材してきて聞いたんですけど、子どもってそんなにやわじゃない。
    図太いところもあります。反面、繊細なところもある。
    場面場面で違うんです。

    ●平賀:
    僕の場合は、家庭内別居の家で10年暮らし続けていたという経験をしているので、両親には早いところ区切りをつけてほしかったし、争っているところを見るほうがきつかったから、スパッと切り替えて前を向いてくれている方が気が楽です。
    形だけの関係は誰にとってもプラスにはならないと感じます。

    ●中田:
    面会交流については、子どもの声を大事にしましょうって言いますけど、こっちの子は会いたいと言っている、あっちの子は会いたくないと言っていると、都合のよい方を取り上げるのはやめましょうよ、と思います。それぞれ違いを超えて、表面的なものだけではない、根っこで共通するものがあります。
    世間的には、いつまでも親のせいにして、過去にこだわっているとネガティブなこととしてとらえられがちですけど、そこにポジティブな面もあるんです。自分次第でそれが実を結ぶということもあります。

    ●西川:
    経験したことは決してハッピーなことばかりではなかったかもしれませんけど、当事者の人たちにとって痛みがわかる、共感できるということがプラスになることもありますよね。
    昇華させていくというか、その方が将来子育てをするときに良い形で反映できるかもしれません。

    ●平賀:
    難しい部分にこだわらないと真剣にそこに向き合えないと思うし、こだわったからこそ、プラスにできるモチベーションが出るんじゃないかなと個人的な経験から思います。
    目を背けているだけだといつまでも解決できない生きづらさを持ったままになるので、向き合う勇気があってもいいんじゃないかと考えました。

    ●西川:
    こうしてお二人が出会って活動をされていることに大きな意義があると思います。
    インターネット上のコミュニティも、10年にわたる参加者と発言数は知的財産なので、ぜひ何らかの形で残していただけたら嬉しいです。
    ミーティングもSkypeなどを利用して、遠隔地の人と実際に話し合うこともできるかもしれませんし、必要とされている方にぜひこの活動を知っていただきたいですね。

    ●中田:
    海外ではフェイスブックにグループがあるようです。

    ●平賀:
    オーストラリアには我々のような当事者団体があるようなので、他の国にもそのような取り組みをしている団体があるのではないかと思います。

    ●中田:
    「ファミリー・アゲイン」というA.C.O.D. 原題は「離婚によるアダルト・チルドレン」(Adult Children of Divorce)という映画もあり、わたしたちのような人が主人公になっているので、広く認知されていると思います。
    平賀君が国際グループのチェアマンになってくれたらいいなと。

    [リンク]ファミリー・アゲイン/離婚でハッピー!?なボクの家族(Wikipedia)

    ●平賀:
    翻訳機能も発展してきておりますし、日本だけにこだわる必要もないから、やってみてもいいかなと感じます。

    ●西川:
    お二人の活動が、必要とされている方に届きますように。
    どうしてもお会いしてお話を聞くということが私にとっては去年からの宿題でした。
    今日はお会いできて本当によかったです。お話を聞かせていただきありがとうございました。

    編集後記

    「既に大人になっている離婚家庭で育った子ども」当事者の自助グループとして国内では他に例を見ない活動をされている、「日本離婚の子ども協会」。

    中田さんがこれまで20年に渡り、ミニコミ誌の発行、SNS内コミュニティ運営、当事者を取材した体験集づくり、取材協力、講演活動を通してされてきた活動が、今年は一回り年下の平賀さんにバトンタッチされ、リアルにミーティングを行うほか、独自翻訳のテキスト作りなど新たなステージに進まれているようです。

    ひとり親支援、といっても親だけではなく、必ずそこに存在するお子さんたちが幸せにならなければ、真の支援とは言えません。

    物理的なサポートの充実はもちろん必要ではありますが、心理的なサポートも同じように大切だと感じました。

    どのように育てられたかによって、ひとり親家庭だけではなく、生きづらさを抱えてしまうことがあります。
    つらいということを吐き出せる場、否定されずに共感される場ということがいかに救いになるか、実際自分自身が親になってみて、自分の親のように子育てをするのではなく、他になにか方針を見出さなくてはならなかった経験から、痛烈に感じています。

    そのためには、人と場所と情報が必要です。
    わたしは子育て期の早期にそれと出会いとてもラッキーでした。

    また自分自身がその担い手として活動することにより、マインドを保てているということも助けになっています。
    日本離婚の子ども協会も、スタッフの方がその場を作り続けるということに、その方ご自身の癒しもあるのではないかと思います。

    中田さんは「小冊子を作ることも自分自身の癒しのプロセスだった」とおっしゃっていました。
    居場所づくりの担い手が広がっていくことで、誰かのためにもなり自分のためにもなるという経験が出来ます。

    そういえば、バラエティ番組から思いがけず離婚の子どもについて考えさせられる話題がありました。
    お笑い芸人の、はなわさんが奥さんの誕生日プレゼントに作った「お義父さん」という曲です。
    たまたまお目当ての歌手が出ていた歌番組を見ていたら、聞こえてきました。

    はなわさんの奥さんは、幼い時に両親が離婚し、お父さんとはずっと会えていなかったようです。
    最近、親戚からお父さんが末期がんで余命が短い事を知り、会いに行こうかどうしようか迷っていたようです。
    そんなことは一切知らないはなわさんが、奥さんのためにまだ会ったことのない「お義父さん」に向けてのメッセージを歌ったものです。
    奥さんが自分の初恋の人だったこと、子ども時代とても辛い思いをして育ったこと、それでもけしてお父さんのことを悪く言わずお父さんのおかげで強くいられたのかもと感謝しているといい、結婚して三人の子どもの母親として頑張っていること、天然ボケの性格のおかげで笑いが絶えない明るい家庭であること。
    どんなに奥さんを愛しているかが伝わる、彼女を生み出したお義父さんごと愛しているようなメッセージです。
    そのおかげで、もしかしたら永遠の別れになったかもしれない父娘が再会できるきっかけになったようです。

    [リンク]Victor Entertainmentはなわ「お義父さん」ミュージック・ビデオ (Short ver.)

    自立、成熟した大人になり、親になるには個人個人の問題に折り合いをつけていくプロセスがあり、人とコミュニケーションが取れるようになることで、信頼できるパートナーと出会い、よい家庭が築けるのではないでしょうか。
    当事者同士の居場所づくりは、個人を理解できる家族や仲間を得ることにもつながるのではないかと感じました。
    ぜひ、この活動が長く続くことを願っています。(ウタリくらぶ記者・西川明子

    ***

    ウタリくらぶの取材記事一覧へ

    日本離婚の子ども協会 プロフィール>

    2016年4月団体設立。
    2006年2月開設mixi「親の離婚を経験した子ども」内でのコミュニケーションやオフ会を通じて当事者同士の交流を図ってきた。
    インタビュー集「体験集」を発行。
    インターネット上のみならず、当事者がつながる場所を作ろうと、団体設立に至る。
    不定期に東京都内に集まり、ミーティングを開催。海外の文献を自主翻訳したテキストの読書会などの活動を行っている。

    【関連リンク】

    【ウタリくらぶ内関連リンク】

    【取材してきました vol.016】日本離婚の子ども協会:第1回~1年越しの取材、子どもの立場から~
    【取材してきました vol.016】日本離婚の子ども協会:第2回~被害者意識を手放すことが必要~

    ***

    ウタリくらぶの取材記事一覧へ

    投稿:   更新:2018/01/27

    カテゴリー:横浜市 離婚・別居 家族関係 神奈川県 地域別情報 特集記事

    ウタリくらぶに記事掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    その他、制度改正等に伴い掲載された内容が最新のものと異なる場合などお気づきの点がございましたら、お手数ですが同様にお問い合わせフォームよりご指摘頂けますと幸いです。

    ひとり親家庭の方々に役立つ情報発信に、皆様のご協力をお願いします。