ひとり親家庭のための、ウタリくらぶ

ウタリくらぶでは、ひとり親家庭に役立つ情報をお届けします。

    【取材してきました vol.024】亜璃西社:第2回~考察・あとがきと編集後記~

    投稿:   更新:2018/06/28

    カテゴリー:北海道 札幌市 離婚・別居 地域別情報 特集記事

    感銘を受けた一冊から、さらに記者がさまざまなデータと共にあとがきと編集後記を記述しました。どうぞご覧ください。

    ウタリくらぶでは、実際にひとり親当事者や支援者である方にもインタビューを重ね、家庭生活や子育て、働き方について、支援者においては活動内容について生の声をお聞かせいただき、読者の皆様により身近な情報をお伝えしています。ウタリくらぶ担当記者・西川明子です。

    ひとり親支援に携わって2年、多くのひとり親当事者、支援活動団体にお会いしてきました。

    取材を進める中で、よりひとり親支援に理解を深めるため、経験談や支援内容、社会情勢に関わる資料に触れてきました。

    その手段としては、ネット検索はもちろん、実際に図書館を利用して書籍を紐解いてみることもあります。
    蔵書検索システムでキーワードを入れると参考図書が出てきますし、電子図書館では、絶版になっている書籍も手軽に読むことが可能です。

    ある時、「離婚」のキーワードで資料検索をしたところ、私の住む北海道札幌市の出版社が平成初期に出版した書籍を見つけました。

    読んでみると、当事者の体験談と合わせて、時代背景とデータからみる分析、支援者側の視点も織り込まれており、しかも著者は、ひとり親当事者ではないという、客観的な視点と、女性としての共感的な表現が魅力的でした。

    このような取り組みは、北海道では、「ウタリくらぶ」が初めてだと思い込んでいたので、30年近く前にこの企画をされていた先見の明のある方に、ぜひお会いして取材秘話をお伺いしたいと取材を申し入れました。(この記事は2回にわたって連載します。)

    ←【第1回~観察眼と探究心「離婚する女たち 北海道の女に見る別れとは」~】を読む

    ***

    離婚する女たち、には子どもがいるケースも

    今回は、参考資料として取り寄せた本の出版社がたまたま、地元にあったことから、本の企画をした出版社代表であり、当時はひとり親当事者でもあった和田さんにお話をお伺いすることが出来ました。

    書物とは、時間を越えて誰かの考えたことを伝えることのできる、素晴らしい手段だなと再認識させられました。
    古い書物が電子書籍として保存され、紙の本としては手に入らなくても、今、読むことが出来たことも技術の進歩に感謝しています。

    さて、本のテーマは「離婚と女性と北海道」ですが、この本にはあまり描かれていなかったのは、ひとり親家庭で育つ子ども、についてです。
    子どもをもうけていた家庭においての離婚は、ひとり親家庭で育つ子どもが増えるという事になります。

    北海道では、結婚式にもさほど費用が掛からず、歴史が浅い土地柄なので家を守るという事に捉われないことから、比較的自由に結婚も離婚もできる風土があります。
    そのため、ひとり親家庭の子ども、という存在も珍しくありません。

    しかし、本に描かれていた男女の関係のように、子どもたちも「風通しのいい」環境に置かれているでしょうか?

    北海道子どもの生活実態調査(平成29年6月)を見ると、祖父母との同居も含めて母子世帯、父子世帯の割合が全体の17.2%です。

    この調査で、ひとり親家庭について特に言及のある項目を見ると、親子の関係性について、

    • 「勉強が分からないときに誰に教えてもらうか」については、母子世帯で「親」と回答した子どもは、32.4%で、両親世帯の48.9%に比べて低くなっている
    • 「親と子の関係」では、父子家庭において「会話の機会が少ない」傾向がある
    • 「平日に夕食を誰ととるか」について、「一人で食べる」割合がひとり親世帯で高い傾向がある
    • 「子どもの興味や日常の活動について知っている」については、父子家庭では全体より低くなっている
    • ひとり親世帯の親は、「子どもと話し合いの時間が取れない」割合が高くなっている。
    • 「子どもについての悩みを相談する相手がいない」と回答しているひとり親世帯が多くなっている
    • 「相談先や方法を知らない」と回答する割合もひとり親が多い
    • 「子ども自身の困り事を話す」かについて、父子家庭では親と「全然話さない」「あまり話さない」とする割合が高くなっている

    と、コミュニケーション不足と困り事を相談する機会の少なさが感じられます。

    さらに、

    • 「就学費援助」については、母子家庭の68.5%が受けている
    • 「子どもが考える家の暮らし向き」は、ひとり親世帯で「苦しい」と回答する子どもの割合が高くなっている

    ことから、経済的に困窮していると感じており、実際に公的支援を受けている割合も高くなっています。

    このデータで知ることが出来るのは、子どもたちを取り巻く環境においての、ほんの一部についてですが、困り感、孤独感を感じている子どもたちが多いことが分かります。

    親の離婚が子どもに与える影響に関する研究をしたウォーラースタイン博士によると、その影響は一時的なものではなく、10年以上たっていても父母に対する怒りや不満の感情をコントロールすることが出来ないなどの問題を抱えています。

    別居親との交流が絶たれ、または交流の機会が少ない、柔軟に会えないことへのストレス、子どもの意向を尊重しない条件が決められたことから、喪失感やのびのびと生活できないと感じている子どももいるとの事でした。

    まさに、面会交流については、議論が激しくなされている問題です。

    ある読者の方から、同僚の男性が、別れて暮らす娘さんと会った次の日は、とても穏やかな表情をしていて幸せそうだったのに、ある時ひどく落ち込んだ様子に心配をして話を聞いたそうです。
    元妻が再婚することになり「今ならあなたの存在を消せる」として、二度と子どもと会うことが出来なくなったとのこと。

    一方の都合により、親として子どもを離れていること以上に、面会交流を通じて、成長を見守ることすらできなくなったことは、彼の父親としての生活を奪い、また娘さんにとっても知らないうちに実の父との交流を断たれてしまったのだと思うと、とても残念に感じました。

    前述の研究者は、離婚する親に対し、いくつか提言をしています。

    • 離婚についてやむを得ない選択であることを、子どもが理解できるように説明すること
    • 子どもが離婚の原因を作ったのではないこと
    • 子どもが大切な存在であること
    • 子どもが悲しむことを受け入れること
    • 子どもを傷つけ、不安を与えたときは素直に謝ること
    • 離婚後も父母が子どもと良い関係を築くこと
    • 子どもの養育や面会交流については、子どもの立場に立ち、子どもの年齢や生活の変化に合わせて取り決めを柔軟に変更すること
    • 子どものために積極的に専門家の助言を受けること

    このように、子どもの目線を大事にし、離婚しても子どもにとって親であることに変わりなく、互いに協力すべきであると伝えています。

    他にも、弁護士など離婚問題の専門家が子どもへの影響について、まとめているサイトがありますので、是非参考にしてみてください。

    離婚が避けられない事態であれば、夫婦にとって最善の選択であったかもしれませんが、それが子どもにとって、なるべく不利益の少ないように配慮されるべきです。
    北海道をはじめ、ひとり親家庭の子どもが必然的に多い地域において、子ども同士で助け合いが出来るネットワークの構築がされるときも来るかもしれません。

    【関連リンク】

    編集後記

    2年に渡り、ひとり親当事者や離婚を経験した子ども、支援者、行政関係者などの取材を行ってきました。

    結婚をして子どもが生まれるということは、潜在的にひとり親になるかもしれないという可能性があるということです。

    「離婚する女たち」の本の最後には、

    『だれも「離婚」をしようとして「結婚」するわけではない。
    しかし、「結婚」は「離婚」という可能性をはらむことによって、夫婦を、その始まりであった男女の関係の根源に揺り戻し、その意味を自ら問い続ける』

    と、記されています。

    誰しも、いつかそうなるかもしれない。

    関係性が揺らぐようなことになる前に、なにか事前に準備する方法がないものか、と考えます。
    まるで、防災対策のように。

    何かの対策のためには、どのような問題が起こったことがあるのか、どうすれば防ぐことが出来て、または被害を最小限にとどめることが可能なのか、検証して備えることです。

    不慮の事故や病気、災害、自死などでやむをえずひとり親になる場合もあります。
    自ら離婚をするという選択を取ることもあるでしょう。

    ひとり親支援には、何かその立場に立たされた時に、子どもの命を守るための防波堤のような役割と、そうなる前になにかできることはないのか、という視点も含まれてもよいのではないでしょうか。

    これまで、ひとり親として経済的に自立し、活き活きと生活している方の事例、子どもと会えずに苦しんでいる別居親の事例、ひとり親家庭で育った子どもの立場からの意見をお伝えしてきました。

    この事例を、「ひとり親になっても、大丈夫」とみるか、「いや、ひとり親になるという選択肢を考え直そう」とするかは、人それぞれの感じ方です。

    わたしは、子どもの最善の利益とは、ひとり親になるという選択肢を取ることによる困難さを克服するよりも、現状維持をすることを選択しています。
    その上での辛さはあるとしても、子どもにとってどちらがよりリスクが少ないかを考えたときに、自分個人の幸せよりも、まだ子どもたちの生活のほうが大事であるという信念をもって、離婚という選択をまだとっていません。

    一つ心残りなのは、そう考えている自分のせいで、パートナーにも同じ苦しみを強いているかもしれない、という事です。
    私では力不足ならば、どこかで補っていただくことが出来ているといいのですが。

    あるテレビドラマで「夫婦とは子育てのためのユニット」という表現がありました。

    夫婦の始まりは、子育てをするという目的のためではなく、お互いの愛情からともに生活することを選んだのかもしれません。

    しかし、ひとりの人間として以上に、親であるということは、自分以外の大切な命を預かっていることでもあります。

    何を大切にするかは、ひとりひとり価値観が違うことなので、正解はありません

    本に引用されていた北海道出身のシンガーソングライター中島みゆきさん作が作詞した、「北の国の習い」では、当時北海道が離婚率ナンバーワンだったことにちなんだ歌詞が出てきます。

    しかし、同じく中島さん作詞の「糸」では、縦糸を男性、横糸を女性になぞらえ、織りなす布が誰かを暖めるという表現があります。
    父母という愛情の布に包まれて生まれてきた子どもを連想させられます。

    [リンク]歌詞タイム 北の国の習い 中島みゆき
    [リンク]歌詞タイム 糸 中島みゆき

    離婚して、ひとり親という選択肢をとる方法においても、子どもにとっては父母に双方に抱かれ育つ権利があります。
    どの選択をしたとしても、あなたにとって、お子さんにとって、最善であればそれでよいのです。

    ある一冊の古い本が、この土地と夫婦の在り方について、深く考察させられる機会を与えてくれました。
    天国にいる著者さんに、心より感謝いたします。(ウタリくらぶ記者・西川明子

    ***

    ウタリくらぶの取材記事一覧へ

    【参考リンク】

    【ウタリくらぶ内関連リンク】

    【取材してきました vol.024】亜璃西社:第1回~観察眼と探究心「離婚する女たち 北海道の女に見る別れとは」~

    ***

    ウタリくらぶの取材記事一覧へ

    投稿:   更新:2018/06/28

    カテゴリー:北海道 札幌市 離婚・別居 地域別情報 特集記事

    ウタリくらぶに記事掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    その他、制度改正等に伴い掲載された内容が最新のものと異なる場合などお気づきの点がございましたら、お手数ですが同様にお問い合わせフォームよりご指摘頂けますと幸いです。

    ひとり親家庭の方々に役立つ情報発信に、皆様のご協力をお願いします。