ひとり親家庭のための、ウタリくらぶ

ウタリくらぶでは、ひとり親家庭に役立つ情報をお届けします。

【取材してきました vol.015】秋山怜史さん:第2回~ひとり親家庭の就業に関して周りを巻き込んでいきたい~

投稿:   更新:2017/12/15

カテゴリー:離婚・別居 特集記事

ひとり親家庭の就業についてカバーすることや、支援団体の横のつながりなど、秋山さんの構想をお聴きしました。どうぞご覧ください。

ウタリくらぶでは、実際にひとり親当事者や支援者である方にもインタビューを重ね、家庭生活や子育て、働き方についての生の声をお聞かせいただき、読者の皆様により身近な情報をお伝えしています。ウタリくらぶ担当記者・西川明子です。

今回は、シングルマザー向けシェアハウス「ペアレンティングホーム」、と、シングルマザー向けの不動産ポータルサイト「マザーポート」を運営する一級建築士事務所秋山立花の代表・秋山怜史(あきやま さとし)さんに、Skypeにてお話をお伺いしました。(この記事は、3回に分けて掲載いたします。)

←【第1回~僕の信じる『豊かさ』とは『選択肢が多く選べること』~】を読む

第3回~シェアハウス運営はニッチな市場・編集後記~】を読む→

***

就業についてカバーしていけたら……

●ウタリくらぶ記者・西川明子(以下、西川):
介護と子育てについての問題を解決するべく、秋山さんが今後お考えの構想はありますか?

[リンク]こども保険

●一級建築士事務所秋山立花代表・秋山怜史さん(以下、秋山):
京都の事業所の方でやろうとしている、介護人材の担い手を増やすとともに、子育ても仕事も両立しやすくする仕組みづくりがあります。
介護事業所さんと話し合いをしていますし、今後行政も巻き込んでやっていきたいと考えています。

●西川:
町田市のペアレンティングホームは、介護施設の職員寮としてのシェアハウスとしてすでに運営をされていますよね。
人材が不足していると言われている介護業界と、仕事と住まいを求めるシングルマザーさんにはよい選択肢をご提供されていますよね。

[リンク]ペアレンティングホーム・合掌苑

●秋山:
はい、すでに一つ取り組んでいます。
さらに、ひとり親家庭に際して、相対的に、世帯収入が低いという問題もあります。
ペアレンティングホームも、お家賃をいただくため、ある程度の収入のある方にご入居いただいているのが現状です。
しかし、誰もが望めば入れるように、各自が世帯収入を確保していくようにしようということも大切です。
住まいの提供だけでなく、就業についてもカバーできることさえできれば、自立して生活できるとすごく思っています。

●西川:
ひとり親家庭が経済的に自立して生活していく部分で、介護事業とのコラボレーションの他にもお考えの事業はありますでしょうか?

●秋山:
現状はまだなのですが、中小企業で人材確保に困っているところはたくさんあるので、ひとり親家庭の就業に関して、巻き込んでいくことは可能ではないかと考えています。

●西川:
子育てなどの理由でいったん離職している女性が再就職する際に、制限があると思われがちです。
わたしも以前マザーズハローワークに相談に行った際、年齢や経験した職種などにより、以前と同じ条件で働くことが難しいので、介護福祉分野などの転職を視野に入れるように勧められたことがあります。
でも実際は、人手不足の企業とタイミングが合って経験のある経理事務の仕事をすることが出来ました。
行政のひとり親支援策では、職業訓練を受ける際に補助がもらえる『自立支援教育訓練給付金』『高等職業訓練促進給付金等事業』もあります。
経済的に自立するために手に職をつけることもできますし、どのような仕事を、いつどこで働くかということに関しても、その時のライフステージに応じて、希望する条件に合った企業もあるかもしれません。
秋山さんの事業の中で、住まいの提供の他、情報発信もされている中で、今後、ひとり親の採用に積極的な企業の掘り起こしも可能かもしれませんね。

[リンク]厚生労働省・母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金事業の実施について
[リンク]厚生労働省・母子家庭の母・父子家庭の父の雇用に関する助成金

(ペアレンティングホーム合掌苑・大きな窓から明るい光が入ってきています)

マザーポートの今後の展開

●秋山:
実は、マザーポートは、現在はシェアハウスしか扱っていませんが、来年春には一般不動産の紹介や、全国の支援団体を地域別内容別で検索できるサイトにしたいと思っています。
就業支援についても、企業さんがそこに求人を出せるような形をとりたいと思っています。
というのも、こちらに当事者から相談の電話がかかってくることがありますが、これは行政案件だという内容のものがあります。
もしかしたら警察にかけたほうがいいような事例もありました。
当事者はどこに相談したらよいかわからない場合もありますので、情報の交通整理ができるようなサイトも必要なんじゃないかなと感じています。
マザーポートはその名のとおりみたいになってくれるといいなと思っていて、全国でそれぞれ活動をしている支援団体が掲載をきっかけに他の団体のことも知って、横の連携もできてくるといいなと思っているんです。

●西川:
そうですね。支援団体は個別に活動をしているところもありますし、国からの事業を受託している団体の他、スタッフが手弁当で運営している団体も多くあります。
活動を継続していくためには、資金面の確保も必要ですから、助成金の情報や地域との連携のとり方など、横につながっていくことでアイディアの共有ができると期待できますね。

●秋山:
実際的に当事者が何を求めているかというと、物質的な支援やお金だけではなく、心の悩みを聞いてくれれば解決することもあります。
マザーポートにアクセスしたら、支援先や仲間がどこにいるのか、仕事や住むところも、全部一石二鳥で手に入るというようにできたらいいなと思います。

●西川:
ウタリくらぶも取り組んでいるのですが、ひとり親支援と特に謳っていなくても、地域にすでにあるサービスが、ひとり親や子どもたちにとって活用すれば役に立つこともあります。
地域の情報を並べていくことによって、枝葉が生えてより充実した情報サイトになるといいですね。

運営の資金について

●西川:
ペアレンティングホーム、マザーポートの運営資金については、家賃収入が主な財源となっていますでしょうか?

●秋山:
活動資金面でいうと、秋山立花は建築設計料が実入りの全てですので、サイトに対して個別に利益を上げなくてもよいと捉えていて、サイトが大きくなればグーグルアドセンスなどの広告収入も増えていきますから収支も読めてくると思っています。
関わるチームに役割分担が出来ていて、ペアレンティングホームは家賃収入やチャイルドシッターサービスの料金を得ていますし、私自身はこの事業を展開することによって、『秋山立花』を知ってもらうきっかけになりますし、広告的なメリットとしても捉えています。

●西川:
秋山さんが社会貢献事業を手掛けているということで、そういったことに関心のある方からのオファーも期待できますよね。
また、これまでのわたしの取材先には、社会貢献事業をしたい企業とご縁がつながり、資金提供を受けて地域に還元をしている団体もありました。
その際に、企業側では支援する資金の用意はあるのですが、いったいどこへ支援したらいいかわからないという話も聞きました。
企業と団体との橋渡しになるかもしれませんね。

(福岡県のシェアハウスぽたり)

***

【取材してきました vol.015】秋山怜史さん:第3回~シェアハウス運営はニッチな市場・編集後記~」に続く…

ウタリくらぶの取材記事一覧へ

秋山怜史(あきやま さとし)さんプロフィール>

平成20年に一級建築士事務所秋山立花を設立。平成26年より横浜国立大学非常勤講師、平成27年より神奈川県地方創生推進会議委員をつとめる。
『社会と人生に新しい選択肢を提案する』を理念とし、建築・庭園・内装・街づくりの企画・設計・監理、家具の企画・設計・製作などを手掛ける。
1歳のお子さんを育児中の父親。(2017年11月現在)

【関連リンク】

【ウタリくらぶ内関連リンク】

【取材してきました vol.015】秋山怜史さん:第1回~僕の信じる『豊かさ』とは『選択肢が多く選べること』~

***

【取材してきました vol.015】秋山怜史さん:第3回~シェアハウス運営はニッチな市場・編集後記~」に続く…

ウタリくらぶの取材記事一覧へ

投稿:   更新:2017/12/15

カテゴリー:離婚・別居 特集記事

ウタリくらぶに記事掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

その他、制度改正等に伴い掲載された内容が最新のものと異なる場合などお気づきの点がございましたら、お手数ですが同様にお問い合わせフォームよりご指摘頂けますと幸いです。

ひとり親家庭の方々に役立つ情報発信に、皆様のご協力をお願いします。