ひとり親家庭のための、ウタリくらぶ

ウタリくらぶでは、ひとり親家庭に役立つ情報をお届けします。

    【ひとり親事例紹介 vol.011】 波柴純子さん:第2回~時代はもう女性の自立促進の流れに~

    投稿:   更新:2017/11/08

    カテゴリー:横浜市 生活・住まい 離婚・別居 神奈川県 地域別情報 特集記事

    女性の方は特に必見の内容です。女性の自立なくして豊かな国に発展させることはなしえない時代だということを認識することが大切だと考えさせられます。どうぞご覧ください。

    ウタリくらぶでは、実際にひとり親当事者や支援者である方にもインタビューを重ね、家庭生活や子育て、働き方についての生の声をお聞かせいただき、読者の皆様により身近な情報をお伝えしています。ウタリくらぶ担当記者・西川明子です。

    今回お話を聞かせていただいた方は、ファイナンシャル・プランナーとしてシングルマザー向けのマネー学講座やライフ&マネープランのアドバイスのお仕事をされている元シングルマザー・波柴純子さんです。

    ひとり親家庭で育ち、さらにご自身がシングルマザーになった時に、経済的な不安感を感じ、ファイナンシャル・プランニングの勉強を始めることで、気付きを得たライフプランとお金についての考え方と、事業内容について、さらにこれからのお仕事の展望についてお話をお伺いいたしました。(この記事は3回に分けて掲載いたします。)

    ←【第1回~ひとり親家庭で育って実感したこと~】を読む

    第3回~シングルマザー支援やめます?!~】を読む→

    ***

    教育費はいくらかかるかではなく、いくらかけるか

    ●波柴純子さん(以下、波柴):
    さらに言及するならば、これからの時代の変化を踏まえながら教育にどのくらい投資すべきかについても親子の認識を共有すべきです。
    教育費は家計の中でも「エンジェル係数」だとか「聖域」と言われ、親としては節約をためらう領域です。
    少子化だからこそ学校や塾にかかる費用の平均額がどんどんあがってきていますが、それをうのみにしていいものなのか、またその教育の先に社会で通用する人材になれるのだろうか、という視点も必要です。
    これはシングルマザーに限られたことではなく、子育て世代全体の教育費に対する意識の問題でもあります。
    「教育は次世代への投資である」という考え方にはとても賛成ですが、AI(人工知能)の台頭などにより、10年後には今ある職業の半数が必要とされなくなるであろう、という予測もある中で、学歴偏重はむしろリスクと捉える感覚も必要だと思います。

    ●ウタリくらぶ記者・西川明子(以下、西川):
    そうですね。
    まさに私自身もそうなっていまして、受験生の子どもに対して、高額な塾代を払ってしまっていますし、二人親世帯であっても、経済的に厳しい状況から抜け出せない。
    実際、ひとり親支援について取材を進めていく中で、ひとり親家庭の子どものために、無料や安価で提供されている学習支援の取り組みにも出会いましたし、情報は探せば利用できるものはたくさんあるようです。

    人生100年時代の女性の生き方

    ●波柴:
    教育については、別の側面からも考える必要があります。それは日本の少子高齢化の現状です。
    ベストセラーにもなった『ライフシフト』(リンダ・グラッドン/アンドリュー・スコット著 東洋経済新報社)によると、2007年生まれの人は平均寿命が105歳前後となると予測しています。
    同じく、今20歳の人は平均寿命100歳、40歳の人は平均寿命95歳になるとしています。
    日本の現状からしても少子高齢化がどんどん進み、団塊の世代が社会保障費の受給者側になっているため、わたしたちが将来年金を充分にもらえる可能性は低く、特に私たち女性は長寿の傾向があり、国や企業の制度、配偶者のサポートをあてにすることができない時代がもう来ています。
    学生時代の学びだけではなく、社会人となってのキャリアと併行しての学びが必要な時代が確実にきます。
    となると、人生の前半だけではなく、継続的な自己投資も必要となる反面、10代半ばで道筋を確定しなくても良い可能性が出てきます。

    ●西川:
    特に女性のキャリアに関しては、これまで大きなものに守られていた感覚のある妻という立場から、より発想の転換具体的計画が必要ですよね。

    ●波柴:
    高度経済成長の時代には、女性が家を守ることが国家的な戦略でしたが、これからは女性活躍推進の波に象徴されるように、女性の労働力が国のゆく先を担っています。
    とはいえ、未だに専業主婦主流だった時代に優遇されていた立場を守るために、潜在的な能力を出し切らない女性も多くとてももったいないと思っています。
    秘めた力をきちんと引き出していける社会になっていくと、自立している女性が増え、国もどんどん豊かになっていきます。

    ●西川:
    そうですね、私自身もそうですが、夫の扶養の範囲内で働かなくてはならないという縛りや、夫も「働きすぎると俺に迷惑がかかる」といった言い方をして、女性の社会進出を制限しているような風潮が大いにあります。
    実際に身近にあった経験では、わたしの職場でチーフをしていた女性も、夫の扶養を越えてしまうという理由でチーフ職を降りました。
    しかし、職場では手が足りておらず、常に求人をしている状態なのです。
    元チーフが担っていた管理職としてのタスクをさらにほかのだれかが担わなくてはなりませんし、不慣れな新人を教育するにも相当なコストがかかるでしょう。
    既にスキルや能力を持っている女性たちが、持てる力を存分に発揮できて、その対価として正当な報酬をもらうということ、それがなんら制限なくできるとしたら、この人手不足は解消されるでしょうし、もっとのびのび働ける女性たちも増えると感じています。
    そういう親の背中を見ていた子どもたちも、きっと社会で自立することを学び取れるのではないでしょうか。

    ●波柴:
    そうですね。
    実は、ひとり親ほど扶養の範囲などの制約がない分、自立への意識は高いと感じます。
    世の中的にはひとり親に対して「かわいそうな人たち」「ほどこさなくてはならない人たち」という偏見を持った目があるかもしれませんが、むしろ、私自身はひとり親になったときに、ヒリヒリするプレッシャーがありつつも人生の中での決裁権を独占できるということがとても貴重な体験でした。
    「自立」はこれからを生きるすべての女性にとって必要なスキルであると思います。
    現状でのひとり親支援策としての児童扶養手当や医療費助成制度など、金銭的な補助や免除はスタートアップ時にとても助かる制度ですが、さらに、具体的な知識として就業支援やライフプランサポートなど、自立促進の流れが今後は主になっていかざるを得ないだろうと思われます。

    [参考PDF] 働き方に中立な年金制度の構築を – みずほ総合研究所

    (素敵な笑顔で女性の話に耳を傾ける波柴さん)

    ***

    【ひとり親事例紹介 vol.011】 波柴純子さん:第3回~シングルマザー支援やめます?!~」に続く…

    ウタリくらぶの取材記事一覧へ

    波柴純子さんプロフィール>

    1973年生まれ。ファイナンシャル・プランナー(AFP)、Cras-i design(クラシデザイン)代表。
    実父と1歳の時に死別し、ひとり親家庭の子どもとして育つ。
    ご自身も娘さんが3歳の時にシングルマザーとなり、経済的不安をきっかけに、ファイナンシャル・プランニングの勉強を始める。
    これからの人生とお金の流れについて学ぶことで漠然とした不安が具体的な目標に変わることを体感し、経済的自立と実務経験を積むために金融機関に転職する。
    お金の悩みや不安を解決するために、金融商品だけではなく働き方、自己投資、ライフスタイルに対する価値観などにアプローチする必要を感じ2013年に独立。
    2015年再婚・第2子出産後は様々な働き方、家族のあり方の中で女性が持つべき金融リテラシーをテーマにセミナー・研修・個別相談を行っている。

    【参考リンク】

    【ウタリくらぶ内関連リンク】

    【ひとり親事例紹介 vol.011】 波柴純子さん:第1回~ひとり親家庭で育って実感したこと~

    ***

    【ひとり親事例紹介 vol.011】 波柴純子さん:第3回~シングルマザー支援やめます?!~」に続く…

    ウタリくらぶの取材記事一覧へ

    投稿:   更新:2017/11/08

    カテゴリー:横浜市 生活・住まい 離婚・別居 神奈川県 地域別情報 特集記事

    ウタリくらぶに記事掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    その他、制度改正等に伴い掲載された内容が最新のものと異なる場合などお気づきの点がございましたら、お手数ですが同様にお問い合わせフォームよりご指摘頂けますと幸いです。

    ひとり親家庭の方々に役立つ情報発信に、皆様のご協力をお願いします。