ひとり親家庭のための、ウタリくらぶ

ウタリくらぶでは、ひとり親家庭に役立つ情報をお届けします。

【ひとり親事例紹介 vol.006】 ゆうこさん:第1回~バリバリお仕事をされているシングルマザー、年収があると行政からの支援は……??~

投稿:   更新:2017/04/28

カテゴリー:離婚・別居 家族関係 育児・教育 特集記事

ひとり親事例紹介第6弾は、キャリアウーマンとしてバリバリ仕事をこなしているシングルマザーの方に取材させていただきました。

ウタリくらぶでは、実際にひとり親当事者や支援者である方にもインタビューを重ね、家庭生活や子育て、働き方について生の声をお聞かせいただき、読者の皆様により身近な情報をお伝えしています。
ウタリくらぶ担当記者・西川明子です。

読者の皆様、ひとり親事例紹介第6弾!
今回は、埼玉県在住、東京都内で美容関連の店舗責任者をされている、ゆうこさん(仮名)にお話しを聞かせていただきました。(この取材記事は5回にわたって掲載します。)
小学生の男の子のママです。

***

取材のきっかけ

今回取材させていただいたのは、私の実の妹でシングルマザーのゆうこさんです。
これからはいつものように呼び捨てにさせていただきますね。

わたしたちは四人姉妹で、わたしは長女、ゆうこは末っこでした。
11年前、10年前と父母を相次いで亡くし、わたしたち姉妹は子育てに祖父母の援助を得ることなく、子育てをしてきました。
とりわけゆうこについては、地元の北海道から離れて、独身時代から東京での勤務を続け、結婚、出産後も引き続き同じ会社で働き続けています

今回、シングルマザーになったということは、わたしたち姉妹にとっては、一時期、義弟であった家族を一人失うということにもなりました。
何度か離婚の危機があり、そのたびに、私の自宅を里帰り先として産前産後を過ごした甥っ子を父親が一緒に住まない環境にすることは忍びなく、反対をしてきましたが、結局は夫婦の話し合いで離婚をすることになりました。

家族からの直接的な子育て支援が得られない地域にいること、年に1,2度しか北海道に帰ってこない母子。
父親譲りのワーカホリックで、しっかりしているように見えても、何度か体力の限界まで働いて倒れたことなどもあり、たまに元気にしているか心配になってしまいます。
姉妹とはいえ、離婚について詳しい話を聞いたこともなかったので、いつもとは違った目線でお話を聞きました。

※ 今回は、勤務先で広報の担当をしている事情から本名、社名、在住市町村名は伏せました。

行政からの支援の利用について

ウタリくらぶ記者・西川明子(以下、西川):
住んでいる埼玉県からのひとり親支援策は何か利用しているものはありますか?

ゆうこさん(以下、ゆうこ):
ひとり親のためだけの支援は使っていない
ね。
年収制限があるので。
医療費は住んでいる自治体で18歳までの子どもを対象に助成をしているから、それを使っているね。
自己負担金も所得制限もないので助かっているよ。

西川:
独身の時からの勤務先に引き続き勤務していて、責任ある立場でもあり、ある程度収入が保証されているというのは、シングルマザーになるにあたって心強かったかもしれませんね。
専業主婦から急にシングルマザーになった場合、手に職がなければ職業訓練を受けたり、子どもを抱えて働くために保育園の確保などで苦労されている方も多いようです。
ただ、ゆうこの場合、親族が近くにいないので、子どもになにかあったら預け先など大変なことはありませんか?

ゆうこ:
自宅近くの保育園に預けていてお迎え時間が19時だったから、勤務先からは結構遠くて、残業になったときにはお迎えが間に合わない。
必死に帰ってくるけど電車が遅延したりすることもあるし、遅延証明書を出してもらったりね。
遅れそうなときは、ファミサポを利用していたね。
うちの会社では、そのファミサポの利用料を手当として支給してもらっているんだ。

[リンク] 埼玉県・ファミリーサポートセンター

西川:
その会社からの手当はずいぶん助かりますね。
ただ、年収がある程度あるとひとり親支援の行政サービスはほとんど利用できないんですね。

ゆうこ:
都内は年収制限が高いかもしれない。
離婚するときは仕事と話し合いで忙しく、そこまで調べることができなかったんだよね。

[リンク] 東京都福祉保健局・児童扶養手当

西川:
社内的には結婚、出産後も同じ責任ある立場で働き続ける異例の対応と聞いていたけど、そのファミサポの手当ても特例?

ゆうこ:
ほかの社員にそのような待遇はないね。

西川:
東日本大震災の時に帰宅難民を経験してから、勤務先近くに預けることも検討していたのでは? 都内に引っ越さずに埼玉県にとどまるのは何か理由がありましたか?

ゆうこ:
もう親子ともどもお友達とかのコミュニティができていたからね。
あとは家賃補助が会社からあるわけじゃないから、家賃の安い地域に住んでいるというのもある。

西川:
自分の給料だけで家計を支えているんですね。

ゆうこ:
元気で働けているうちはね。

***

【ひとり親事例紹介 vol.006】 ゆうこさん:第2回~シングルマザーになって、苦労したこと、働くこと~」に続く…

【関連リンク】

投稿:   更新:2017/04/28

カテゴリー:離婚・別居 家族関係 育児・教育 特集記事

ウタリくらぶに記事掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

その他、制度改正等に伴い掲載された内容が最新のものと異なる場合などお気づきの点がございましたら、お手数ですが同様にお問い合わせフォームよりご指摘頂けますと幸いです。

ひとり親家庭の方々に役立つ情報発信に、皆様のご協力をお願いします。