ひとり親家庭のための、ウタリくらぶ

ウタリくらぶでは、ひとり親家庭に役立つ情報をお届けします。

    春と秋のバスハイク。東京都台東区のひとり親支援

    投稿:   更新:2016/02/20

    カテゴリー:生活・住まい 台東区 東京都 育児・教育 地域別情報

    東京都台東区のひとり親支援策をご紹介します。

    バスレクリエーション

    どのような制度?

    春と秋の年2回、日帰りのバスハイクを実施します。

    対  象

    父・母と子(4歳から中学3年生)

    費 用

    無料

    募 集

    広報たいとうで募集します。

    【問い合わせ先】

    子育て支援課 子育て支援係
    住所:[MAP]〒110-8615 台東区東上野4-5-6(区役所本庁舎6F・7番窓口)
    電話:03-5246-1237

    taito2

    就学援助

    どのような制度?

    就学援助とは、お子さまが安心して学習するために、学校給食費や学用品費等のお支払いにお困りのご家庭に対して、その費用の一部を援助する制度です。
    就学援助費の支給は各学期終了後となりますので、学校へ納める費用は必ず通常時期までにお支払いください。

    対 象

    台東区にお住まいで、住民登録をしており、国公立小中学校に在籍しているお子様がいる保護者で、次の事項に該当する方。 (私立小中学校に在籍している方は対象となりません。)

    1. 現在、生活保護を受けている方。 【要保護】
    2. 前年分の同一生計を営む世帯全員の合計所得が、教育委員会で定めた認定基準額未満の方。 【準要保護】

    (※所得基準額は、家族構成や世帯員の年齢によって変わります。)
    ※ 就学援助の認定にあたっては、世帯の合計所得が重要な算定資料となりますので、 所得税または住民税の申告を必ず行なってください。申告がない場合は、認定できませんのでご了承ください。

    援助を受けられる費目

    (1) 学校給食費
    (2) 学用品・通学用品・校外活動費
    (3) 新入学児童生徒学用品費
    (4) 通学服及び運動衣費
    (5) クラブ活動費
    (6) 特別支援学級及び通級者の交通費
    (7) 宿泊を伴う校外授業費
    (8) 宿泊を伴わない校外授業費
    (9) 修学旅行費及び支度品費
    (10) 卒業アルバム費
    ※ (1)~(6)は準要保護児童生徒のみ支給対象。各費目の詳細は、申請書をご覧いただくか、下記担当までお問い合わせください。

    申請書の配布・申請

    <台東区立小中学校に在籍している方>

    4月中旬頃までに、学校を通して全児童・生徒に配布します。
    申請書に提出期限が記載されておりますので、指定期日までに振込口座の通帳コピー(金融機関名・支店名・口座名義人の記載箇所)を一緒に添えて学校へご提出ください。

    <台東区立学校以外の国公立小中学校に在籍している方>

    4月頃から、申請書を学務課学事係にて配布しておりますので、台東区役所6階2番窓口へお越しください。
    その場で、申請書を記入し提出していただくことも可能ですので、印鑑(認印)・通帳をご持参ください。

    提出書類

    平成27年度分の一覧です。

    平成27年1月1日以前から台東区在住の方(所得証明書の提出は不要です)
    (1) 就学援助申請書(兄弟姉妹がいる場合はそれぞれ提出)
    (2) 振込口座の通帳コピー(金融機関名・支店名・口座名義人の記載箇所)
    平成27年1月2日以降に台東区へ転入された方(課税・非課税証明書の提出が必要)
    (1) 就学援助申請書(兄弟姉妹がいる場合はそれぞれ提出)
    (2) 振込口座の通帳コピー(金融機関名・支店名・口座名義人の記載箇所)
    (3) 平成27年度 課税(非課税)証明書(※下記参照)
    ※ 平成27年度 課税(非課税)証明書について
    台東区転入前の平成27年1月1日現在にお住まいの市区町村で6月上~中旬頃に発行されますので、6月23日(火曜日)までに必ず提出してください(郵送可)。
    収入の有無にかかわらず、世帯員として記入した全員分の証明書をそれぞれ1部ずつご提出ください。(ただし、23歳未満で無所得の方は除く)

    【問い合わせ先】

    台東区 教育委員会 学務課 学事係
    住所:[MAP]〒110-8615 台東区東上野4-5-6(区役所本庁舎6F・2番)
    電話:03-5246-1411

    高齢者等家賃等債務保証制度

    どのような制度?

    台東区では、保証人が見つからないため、民間アパート等に入居することが難しい高齢者世帯等に対し、台東区と協定を結んだ一般社団法人賃貸保証機構と協力し、民間賃貸住宅への入居支援を行っています。
    その際に賃貸保証機構に加盟する保証会社を利用したときは、支払った保証料の一部を助成いたします。

    対 象

    次の各号に掲げるすべての要件に該当すること。

    1. 次のいずれかに該当する世帯
      ア.高齢者世帯(65歳以上の単身世帯、高齢者のみの世帯または高齢者と18歳未満の児童のみの世帯)
      イ.障害者世帯(身体障害者手帳4級以上の者、愛の手帳3度以上の者または精神障害者保健福祉手帳を所持する者を含む世帯)
      ウ.ひとり親世帯(18歳未満の児童と父または母のみの世帯)
    2. 区内に引き続き3年以上居住していること
    3. 区内転居であり、継続して居住すること
    4. 緊急連絡先があること
    5. 保証人がいないこと
    6. 生活保護を受給していないこと

    助成額

    保証会社に支払った保証料の2分の1(限度額2万円)。初回のみ。

     

    詳しくは下記「台東区高齢者等家賃等債務保証制度のご案内」をご覧ください。

    [PDF]台東区高齢者等家賃等債務保証制度のご案内

    【問い合わせ先】

    • 申し込みおよび資格の確認について
      高齢者世帯は高齢福祉課  電話:03-5246-1222
      障害者世帯(身体・知的)は障害福祉課  電話:03-5246-1202
      障害者世帯(精神)は保健予防課 電話:03-3847-9405
      ひとり親世帯は子育て支援課  電話:03-5246-1232
    • 助成金の申請について
      住宅課  電話:03-5246-1367

     

    都営住宅

    どのような制度?

    都営住宅とは、住宅にお困りの一定所得以下の方に対して、東京都が低額な家賃で供給する住宅です。
    東京都住宅供給公社が管理を行っており、台東区では募集時期に申込書(募集パンフレット)の配布を行います。

    申込書の配布

    募集期間中(土日祝を除く)に限り、東京都住宅供給公社都営住宅募集センター、各窓口センター、都庁、区・市役所、町村役場で配布します。
    台東区では、区役所5階住宅課・1階戸籍住民サービス課、区民事務所・同分室、地区センターで配布します。

    募集時期は東京都住宅供給公社HP広報「東京都」、公社テレホンサービスなどでお知らせします。

    東京都住宅供給公社募集センター総合案内テレホンサービス
    電話:03-6418-5571

    聴力障害者の方で、上記テレホンサービスの内容をお知りになりたい方は、下記までファクスでお問い合わせ下さい。

    東京都住宅供給公社都営住宅募集センター
    FAX:03-3409-4527

    [リンク]

    【問い合わせ先】

    • 都市整備局 都営住宅経営部 指導管理課
      電話:03-5320-4981(直通)

    =募集についてのお問い合わせ先はコチラ=

    • 東京都住宅供給公社 都営住宅募集センター
      電話:03-3498-8894

     

    母子生活支援施設

    どのような制度?

    子供の養育等の生活していく上で様々な問題を抱えている母子に対し、居室の提供や自立支援・就労支援の相談を実施します。

    対 象

    母と18歳未満の子

    【問い合わせ先】

    子育て支援課 子育て支援係
    住所:[MAP]〒110-8615 台東区東上野4-5-6(区役所本庁舎6F・7番窓口)
    電話:03-5246-1237

    taito6

     

    『ひとり親交流会あります』台東区のひとり親支援の詳細レポートへ

    台東区の記事一覧へ

     

    投稿:   更新:2016/02/20

    カテゴリー:生活・住まい 台東区 東京都 育児・教育 地域別情報

    ウタリくらぶに記事掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    その他、制度改正等に伴い掲載された内容が最新のものと異なる場合などお気づきの点がございましたら、お手数ですが同様にお問い合わせフォームよりご指摘頂けますと幸いです。

    ひとり親家庭の方々に役立つ情報発信に、皆様のご協力をお願いします。