ひとり親家庭のための、ウタリくらぶ

ウタリくらぶでは、ひとり親家庭に役立つ情報をお届けします。

    相談窓口、医療費助成制度のご紹介。国分寺市のひとり親支援

    投稿:  

    カテゴリー:医療費補助 生活・住まい 国分寺市 東京都 地域別情報

    東京都国分寺市にお住まいのシングルマザー、シングルファザーの方へ。

    母子父子・女性相談

    どのような制度?

    母子・父子自立支援員が、生活上の問題についての相談、情報提供を行ない、問題解決のお手伝いをします。相談は電話や面接によりお受けします。なお、緊急時を除いて面接相談は事前に予約をお願いします。相談内容や個人の情報は守ります。安心してご相談ください。

    【問い合わせ先】

    国分寺市 福祉保健部 生活福祉課 相談支援係
    住所:[MAP]〒185-8501 東京都国分寺市戸倉1-6-1
    電話:042-325-0111(内線:534)
    FAX:042-325-9026

    母子生活支援施設

    どのような制度?

    18歳未満の子どもを養育している母子家庭の母が、生活上のいろいろな問題のため、子どもの養育を十分できない場合に、母と子どもが一緒に生活できる児童福祉施設です。居室を提供するほか、母子指導員による自立支援、就労支援などを行ないます。

    【問い合わせ先】

    国分寺市 福祉保健部 生活福祉課 相談支援係
    住所:[MAP]〒185-8501 東京都国分寺市戸倉1-6-1
    電話:042-325-0111(内線:534)
    FAX:042-325-9026

    医療費助成

    どのような制度?

    ※ 所得制限あり

    対 象

    次のいずれかの状況にある母子または父子家庭などに対し医療費の保険の自己負担分を助成します(課税世帯は一部負担金あり)。助成の対象となるのは、児童が18歳になった年の年度末(3月31日)までです(中度以上の障害を有する児童は20歳未満まで)。
    また、申請者(父または母など)と扶養義務者の前々年の所得による所得制限があります。
    なお、生活保護受給者、施設入所、健康保険未加入者、里親および小規模住居型児童養育事業に委託されている場合は対象外となります。

    1. 父母が離婚した
    2. 父または母が死亡または生死不明
    3. 父または母に1年以上遺棄されている
    4. 父または母が法令により1年以上拘禁されている
    5. 婚姻によらないで出生
    6. 父または母が重度の障害を有する(常時介護を要する状況)
    7. 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童(平成24年8月1日から追加)

    所得制限

    申請者及び扶養義務者(同住所に住む親族等)の前々年中の所得が下表の所得制限以上であるときは、この制度を受けることはできません。

    扶養親族数 ひとり親家庭の父又は母 及び孤児等以外を養育する養育者 孤児等の養育者、配偶者及び扶養義務者の所得制限額
     0人 1,920,000円 2,360,000円
     1人 2,300,000円 2,740,000円
     2人 2,680,000円 3,120,000円
     3人 3,060,000円 3,500,000円
     4人以上 1人増すごとに、
    380,000円の加算
    1人増すごとに、
    380,000円の加算

    扶養親族数…前々年中の所得申告時に申告した扶養親族の人数

    所得額…前々年中の年間収入-(給与所得控除又は必要経費)-控除額(下表参照)

    児童の父又は母から養育費の支払いを受けている場合は、その80%を所得に含めます。

    <控除額一覧>

    控除内容 控除額
    一律控除(社会保険料相当分) 80,000円
     雑損・医療費・小規模企業共済等掛金・配偶者特別控除 課税上実控除額
     特別障害者控除・特別障害者扶養控除  400,000円
     障害者・勤労学生・障害者扶養控除  270,000円
     老人扶養控除  100,000円
     老人扶養控除(扶養義務者のとき)  60,000円
     寡婦(夫)控除(請求者が父または母のときは除く)  270,000円
     寡婦控除特別加算(請求者が母のときは除く)  350,000円
     特定扶養親族(請求者のみ)  150,000円

    申請に必要なもの

    申請には次のものをお持ちください。

    1. 印鑑(朱肉使用のもの)
    2. 申請者と児童の戸籍謄本(1か月以内に発行されたもの)
    3. 申請者と児童の健康保険証
    4. 平成28年1月2日以降に国分寺市に転入されたかたは、平成28年1月1日にお住まいの市区町村役場発行の平成28年度課税(非課税)証明書

    (注釈)そのほか必要に応じて提出していただく書類がありますので、詳しくは子ども子育てサービス課までお問い合わせください。

    <上記4の書類について>

    所得金額、所得控除金額、扶養人数、住民税額が記載されているものをご用意ください。市区町村によっては、課税(非課税)証明書と所得証明書に記載事項を分けている場合がありますので、その際は課税(非課税)証明書と所得証明書を併せて提出してください。

    【問い合わせ先】

    国分寺市 子ども家庭部 子ども子育てサービス課 手当助成担当
    住所:[MAP]〒185-8501 東京都国分寺市戸倉1-6-1
    電話:042-325-0111(内線:378・384)
    FAX:042-359-3354

    ***

    『安定した職業に就くための各種支援』国分寺市のひとり親支援の詳細レポートへ

    【参照元】

    【参考サイト】

    国分寺市の記事一覧へ

    投稿:  

    カテゴリー:医療費補助 生活・住まい 国分寺市 東京都 地域別情報

    ウタリくらぶに記事掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    その他、制度改正等に伴い掲載された内容が最新のものと異なる場合などお気づきの点がございましたら、お手数ですが同様にお問い合わせフォームよりご指摘頂けますと幸いです。

    ひとり親家庭の方々に役立つ情報発信に、皆様のご協力をお願いします。