ひとり親家庭のための、ウタリくらぶ

ウタリくらぶでは、ひとり親家庭に役立つ情報をお届けします。

さまざまな相談事は自立支援員へ。母子生活支援施設・公営住宅について。東京都小金井市のひとり親支援

投稿:  

カテゴリー:生活・住まい 小金井市 東京都 地域別情報

東京都小金井市にお住いのシングルマザー、シングルファーザーの方へ。

相 談

どのような制度?

ひとり親家庭の生活上の問題、就業についての相談、養育費、母子及び父子福祉資金の貸付など様々な相談を母子・父子自立支援員がお受けしています。
必要な情報提供、関係機関への紹介など問題解決のお手伝いをしています。
また電話による相談や、必要によっては訪問もいたします。個人の秘密は守られますので、安心してご相談ください。
なお、相談の時間をきちんととらせていただくために来所での相談の場合は緊急の場合を除いて事前の予約をお願いしています。

こんなときに

  • 離婚を考えているが、どうしたらいいか。(離婚、別居などの家庭事情や身の振り方に悩んでいるなど)
  • 生活費が不足しがちで、今まで元の配偶者から養育費をもらっていなかったが、今からでも請求できないか。
  • 転職、求職のために必要なスキルを身につけたい。
  • 仕事から離れてかなり年月がたつので、就労のことを改めて相談したい。
  • 子どもの高校、大学進学を控え、学費が足りないけど、どうしたらいいか。

どうぞ、お気軽にご相談ください。

【問い合わせ先】

小金井市 子育て支援課 母子・父子自立支援員(第二庁舎3F)
住所:[MAP]〒184-0013 東京都小金井市前原町3-41-15
電話:042-387-9836

※ 母子・父子自立支援員とは……母子及び父子並びに寡婦福祉法に基づき、ひとり親家庭、寡婦を対象にその自立に必要な情報提供、・指導などの支援、職業能力の向上への支援などを行う者です。

どのような制度?

18 歳未満の子どもを養育している母子家庭のお母さんが、生活上のいろいろな解決困難な問題のため、子どもの心身に好ましくない影響を与え養育が充分できない場合にお母さんと子どもが一緒に生活できる児童福祉施設です。
市が実施機関となりますので、入所については母子・父子自立支援員との面接が前提となります。

援護の内容

居室を提供するほか、母子指導員による自立支援、就労支援などや少年指導員による子どもの学習指導などを行っています。

費 用

所得に応じて月ごとの費用を負担していただきます。

【問い合わせ先】

小金井市 子育て支援課 母子・父子自立支援員(第二庁舎3F)
住所:[MAP]〒184-0013 東京都小金井市前原町3-41-15
電話:042-387-9836

(1)市営住宅

下記の要件にあてはまる方は市営住宅に申し込むことができます。

<入居資格>

次の要件のすべてにあてはまる方

  1. 同居の家族または同居しようとする親族がいること
  2. 世帯の所得が基準内であること
  3. 住宅に困っていること
  4. 小金井市に住所を有し、6 ヶ月以上居住している、または市内の勤務場所に 6 ヶ月以上勤務していること
  5. 市税など滞納がないこと
  6. 申込者(同居家族を含む)が暴力団員でないこと

<募集時期と選考>

空き部屋がある場合に募集します。
募集時期については市報でお知らせします。選考は原則抽選で行います。

<申込用紙の配布>

小金井市まちづくり推進課で配布します。(土曜、日曜、祝日を除く)

【問い合わせ先】

小金井市 まちづくり推進課 住宅係(第二庁舎5F)
住所:[MAP]〒184-0013 東京都小金井市前原町3-41-15
電話:042-387-9861

(2)都営住宅

[リンク]

下記の要件にあてはまる方は定期的に募集のある都営住宅に申し込むことができます。

<入居資格>

次の要件のすべてにあてはまる方

  1. 都内に居住していること(ポイント方式は引き続き 3 年以上居住して
    いることが必要)
  2. 申込者本人が成年(20 歳未満の既婚者含む)であること
  3. 同居の家族がいること
  4. 世帯の所得が基準内であること
  5. 住宅に困っていること
  6. 申込者(同居家族を含む)が暴力団員でないこと

<募集時期>

  • 家族向、単身者向……5 月、11 月
  • 家族向(ポイント方式)……2 月、8 月

※ 他に、地元割り当てがある場合も、市報でお知らせします。
募集時期については市報でお知らせします。
家族向、単身者向の一部の地区でひとり親世帯、生活保護世帯、DV 被害世帯等について、当選率が一般世帯より最大で 7 倍程度高くなる優遇制
度があります。
ポイント方式とは、ひとり親世帯(母子・父子)、高齢者世帯などに対して、書類審査や実態調査をしたうえで、住宅困窮度の度合いの高い方から順に募集戸数分の方を入居予定者として登録するものです。

<申込用紙の配布>

小金井市まちづくり推進課(土曜、日曜、祝日を除く)

※ 募集等については、「市報こがねい」をご覧ください。

<住宅使用料の特別減額>

都営住宅に入居しているひとり親世帯で、子どもが 1 人の場合は未就学児、子どもが 2 人以上の場合はそのうち 2 人が高校生以下で、かつ一定の所得基準以下の場合は、使用料負担額が 2 分の 1 になります。

【問い合わせ先】

  • 都市整備局 都営住宅経営部 指導管理課
    電話:03-5320-4981(直通)

=募集についてのお問い合わせ先はコチラ=

***

『医療費助成制度について』小金井市のひとり親支援の詳細レポートへ

【参照元】

【参考サイト】

小金井市の記事一覧へ

投稿:  

カテゴリー:生活・住まい 小金井市 東京都 地域別情報

ウタリくらぶに記事掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

その他、制度改正等に伴い掲載された内容が最新のものと異なる場合などお気づきの点がございましたら、お手数ですが同様にお問い合わせフォームよりご指摘頂けますと幸いです。

ひとり親家庭の方々に役立つ情報発信に、皆様のご協力をお願いします。