ひとり親家庭のための、ウタリくらぶ

ウタリくらぶでは、ひとり親家庭に役立つ情報をお届けします。

    医療費助成制度について。大阪府富田林市のひとり親支援

    投稿:  

    カテゴリー:医療費補助 大阪府 富田林市 地域別情報

    大阪府富田林市にお住いのシングルマザー、シングルファーザーの方へ。

    医療費助成

    どのような制度?

    田林市では、ひとり親家庭の経済的負担を軽減し、必要な医療を受けやすくすることによって、生活の安定と児童の健全な育成を図ることを目的として、以下のとおり医療費の助成を行っています。

    ※ 所得制限あり

    対象者

    富田林市に居住し、健康保険に加入されていて、前年中の所得が所得制限内である人(児童扶養手当に準ずる)で次のいずれかに該当している人。

    • 母子家庭の母及び児童
    • 父子家庭の父及び児童
    • 父または母が一定の障がいの状態にある場合は、その配偶者と児童
    • 両親のいない児童及びその養育者

    ※ 児童とは、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの者のことです。

    ただし、所得の状況により受けられない場合があります。また、一つの医療機関にあたり、入院・通院とも1日につき各500円(月2回限度)の一部自己負担金が必要となります。

    助成内容

    医療機関で診療を受けた場合に、保険診療の医療費と、入院時の食事療養費が助成されます。

    ※ 特定療養費・予防接種・薬の容器代・室料・文書料など保険診療外は対象外です。

    所得制限

    申請者及び扶養義務者(同住所に住む親族等)の前々年中の所得が下表の所得制限以上であるときは、この制度を受けることはできません。

    扶養親族数 所得制限額
    ひとり親家庭の父又は母 及び孤児等以外を養育する養育者 孤児等の養育者、配偶者及び扶養義務者
     0人 1,920,000円 2,360,000円
     1人 2,300,000円 2,740,000円
     2人 2,680,000円 3,120,000円
     3人 3,060,000円 3,500,000円
     4人以上 1人増すごとに、
    380,000円の加算
    1人増すごとに、
    380,000円の加算

    ※ 扶養親族数…前々年中の所得申告時に申告した扶養親族の人数
    ※ 所得額…前々年中の年間収入-(給与所得控除又は必要経費)-控除額(下表参照)
    ※ 児童の父又は母から養育費の支払いを受けている場合は、その80%を所得に含めます。

    <控除額一覧>

    控除内容 控除額
    一律控除(社会保険料相当分) 80,000円
     雑損・・小規模企業共済等掛金・配偶者特別控除 課税上実控除額
     特別障害者控除・特別障害者扶養控除  400,000円
     障害者・勤労学生・障害者扶養控除  270,000円
     老人扶養控除  100,000円
     老人扶養控除(扶養義務者のとき)  60,000円
     寡婦(夫)控除(請求者が父または母のときは除く)  270,000円
     寡婦控除特別加算(請求者が母のときは除く)  350,000円
     特定扶養親族(請求者のみ)  150,000円

    ひとり親家庭医療証について

    • 大阪府内の医療機関で受診するときに、健康保険証と一緒に提示すれば、保険扱い分の医療費の一部が助成されます。
      ※ 検診・薬の容器代・室料など保険診療外と一部負担金は自己負担してください。
    • 医療証の有効期限は、毎年10月31日ですが、当年度中に18歳になる児童がおられる家庭は、3月31日までとなります。

    一部自己負担金について

    • ひとつの医療機関あたり、入院・通院とも1日につき各500円(月2日限度)の一部自己負担金が必要になります。
      1.医療機関が異なる場合は、各医療機関で限度までご負担いただく必要があります。
      2.同じ医療機関でも「入院」と「通院」はそれぞれ最大2日分までご負担いただく必要があります。また、同じ医療機関で「歯科」と「それ以外の診療科」に受診の場合も同様です。
      3.3日目以降は、ご負担いただく必要はありません。
    • 1回の負担額が500円に満たない場合は、その額だけをご負担いただき、差額は徴収いたしません。
    • 院外処方箋により薬局を利用した場合は、薬局でのご負担額はありません。
    • 1か月に一部自己負担金が2,500円を超えた場合(保険診療外は除く)は、2,500円を超えた額を申請により払い戻しいたします。

    届け出が必要なとき

    • 住所・氏名・世帯に変更があったとき
    • 健康保険の変更・資格喪失があったとき
    • ・年金の変更・資格喪失があったとき
    • 交通事故などにあったとき
    • 生活保護を受けるようになったとき
    • 転出・死亡など

    ※ 転出・保険喪失・事実婚(婚姻の届出はしていないが、事実上婚姻と同様の事情の場合)など、ひとり親家庭医療証の資格がなくなったときは、必ず医療証を市に返却してください。そのまま使用されますと、かかった医療費を返還していただくことになりますのでご注意ください。

    償還払いについて

    次の場合は、保険証を提示し医療機関で支払ってから、翌月以降に市へ還付請求をしてください。
    (高額療養費に該当する場合は、健康保険からの給付が決定してから、下記記載のものと健康保険からの給付額の証明を添えて申請してください。)

    • 大阪府外で受診したとき
    • 入院し、食事療養費を支払ったとき
    • 補装具の費用(先に、加入している健康保険に保険負担分の請求をしてください。)
    • 助成対象者ひとりあたり1ヶ月に一部負担金が2,500円を超えた場合(保険診療外は除く)

    請求に必要なもの

    1. 健康保険証
    2. 医療証
    3. 領収書[受診者氏名・診療年月日・保険点数(医療費総点数及び1日目、2日目の点数を記入してもらってください。)・一部負担金・医療機関名及び領収印のあるもの。]
    4. 印鑑(認印)
    5. 預金通帳など振込先口座のわかるもの

    [リンク]申請書

    【問い合わせ先】

    富田林市 健康推進部 福祉医療課 福祉医療係
    住所:[MAP]〒584-8511 大阪府富田林市常盤町1-1
    電話:0721-25-1000(内線163・164)

    『相談窓口・自立支援給付金について』大阪府富田林市のひとり親支援の詳細レポートへ

    【参照元】

    【参考サイト】

    大阪府富田林市の記事一覧へ

    投稿:  

    カテゴリー:医療費補助 大阪府 富田林市 地域別情報

    ウタリくらぶに記事掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    その他、制度改正等に伴い掲載された内容が最新のものと異なる場合などお気づきの点がございましたら、お手数ですが同様にお問い合わせフォームよりご指摘頂けますと幸いです。

    ひとり親家庭の方々に役立つ情報発信に、皆様のご協力をお願いします。