ひとり親家庭のための、ウタリくらぶ

ウタリくらぶでは、ひとり親家庭に役立つ情報をお届けします。

家事・育児援助ヘルパーさんを派遣する制度あります。大阪府寝屋川市のひとり親支援

投稿:   更新:2017/06/16

カテゴリー:生活・住まい 大阪府 ホームヘルパー 寝屋川市 地域別情報

大阪府寝屋川市にお住いのシングルマザー、シングルファザーの方へ。

日本の民話、はちかづき、ご存知の方も多いと思います。実はここ、寝屋川市が発祥の地なのだそうです。
はちかづきは関西弁で話してたんでしょうか。
寝屋川市のひとり親支援をご紹介していきます。

***

JR通勤定期の割引

どのような制度?

児童扶養手当を受けている人とその家族は、JR通勤定期が3割引で購入できます。

手続き

担当課窓口で「特定者資格証明書」の交付を受け、さらに「特定者用定期乗車券購入証明書」の交付を受けてください。

必要書類

  1. 定期券を購入する方の写真(6ヶ月以内撮影の正面上半身)
  2. 児童扶養手当証書
  3. 印鑑

JR各駅の窓口に「特定者資格証明書」を示し、「特定者用定期乗車券購入証明書」と「定期乗車券購入申込書」(駅の窓口にあります)を提出してお求め下さい。

【問い合わせ先】

寝屋川市 こどもを守る課
住所:[MAP]〒572-8533 大阪府寝屋川市池田西町28-22(総合センター2F)
電話:072-824-1181(代表)
FAX:072-839-6767

育児援助・家事援助ヘルパーを派遣します

どのような制度?

出産後、体調が不十分で、親族などの支援がなく、育児や家事をすることが困難な家庭にヘルパーを派遣します。

対 象

出産予定日の2か月前から、生後6か月以内の乳児のいる家庭で、親族などの支援がなく、保護者の健康回復が不十分であるなど、日常生活に支障をきたしている家庭

※ 妊娠6か月から申請ができます。

実施日時

月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く)の午前9時から午後5時30分までの中で、
1日1回まで、1回2時間まで、1家庭につき30回までなどの制限があります。

実施場所

利用者の自宅

実施内容

次の内容のうち、利用者の申請にもとづき、市が認めた内容。

<育児援助>

授乳、おむつ交換、沐浴補助ほか、育児に関して日常的に行う必要があるもの

<家事援助>

食事の準備及び後片付け、住居の掃除及び整理整頓、衣類の洗濯及び補修、生活必需品の買物、保育所等への送迎の付添い、その他、家事のうち日常的に行う必要があるもの

※ 草むしりやペットの世話、特別な手間をかけて行う調理や大掃除など、援助として行わなくても、日常生活を営むのに支障が生じないと考えられる行為は、対象外です。

利用料

1時間あたり400円(所得により減免制度があります。)

※ 援助が終わったあと、事業者の指定の方法により、必ず利用料を支払ってください。

  • 市民税所得割課税世帯
    1時間あたり利用料:400円
  • 市民税所得割非課税世帯(均等割のみ課税)
    1時間あたり利用料:200円
  • 市民税非課税世帯(ひとり親家庭を除く。)
    1時間あたり利用料:100円
  • 生活保護世帯及び市民税非課税世帯(ひとり親家庭に限る。)
    1時間あたり利用料:0円

注意事項

  • 支援当日には、利用申請者が必ず在宅してください。このサービスは、利用者と乳児が一緒にいる自宅で行います。ヘルパーと乳児だけの留守番等はできません。
  • 援助予定日に、都合が悪くなった場合は、必ず、事業者に電話で相談してください。
    前日の午後5時までに連絡がなかった場合は、キャンセル料として、1回あたり1時間分の利用料を徴収します。
  • ほにゅうびん、おむつ、沐浴時のタオルや、調理道具、掃除道具など、援助にあたっては、利用者の家にあるものを使います。

ヘルパー派遣事業者

事業受託事業者選考委員会の選考結果をふまえ、次の11の事業者に事業を委託します。

  • 社会福祉法人 百丈山合掌会
  • 社会福祉法人 淳風会
  • かえでヘルパーステーション
  • 介護支援センター つどい
  • 有限会社 いたわり
  • 有限会社 コスモス
  • 株式会社 あみ
  • 株式会社 あいらぶゆう
  • 特定非営利活動法人 ハートネット24
  • 株式会社 ぽぷら
  • 株式会社ハウスバンク 春夏秋冬

申請書は、こども部子育て支援課の窓口に提出してください。
事業者に直接申込みはしないでください。

【問い合わせ先】

寝屋川市 子育て支援課
住所:[MAP]〒572-8533 大阪府寝屋川市池田西町28-22(保健福祉センター2F)
電話:072-824-1181(代表)
FAX:072-838-0428

就学援助

どのような制度?

経済的な理由により、学校の費用にお困りの保護者に対し、学校で必要な費用の援助を行う制度です。

<支給項目>

  • 学用品費等、入学準備金、学校給食費、修学旅行費、臨海林間学舎費及び医療費
  • 就学援助の適用期間は1年間(4月から翌年3月)です。

※ 現在受給中で引き続き就学援助を希望される場合は、毎年4月に申請が必要です。

  • 平成29年度から入学準備金が増額されています。

※ 入学準備金は、4月に申請された対象者のみの支給です。

  • 支給方法は、年額を3回に分け金融機関口座へ8月・12月・3月下旬に振込を行う予定です。

申込み

受付場所で、申請用紙に必要事項を記入・押印の上、保護者が直接申請してください。

対 象

市立小・中学校に通う児童生徒の保護者で次のいずれかに該当する方が対象となります。

  1. 世帯全員の前年中の総所得金額(平成28年1月~12月)が、認定基準額以下である保護者
  2. 前年度又は当該年度において、生活保護の停止又は廃止を受けた方

【問い合わせ先】

寝屋川市 教育政策総務課
住所:[MAP]〒572-8555 大阪府寝屋川市本町1-1(市役所東館2F)
電話:072-824-1181(代表)
FAX:072-813-0083

『医療費助成制度』大阪府寝屋川市のひとり親支援の詳細レポートへ

大阪府寝屋川市の記事一覧へ

投稿:   更新:2017/06/16

カテゴリー:生活・住まい 大阪府 ホームヘルパー 寝屋川市 地域別情報

ウタリくらぶに記事掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

その他、制度改正等に伴い掲載された内容が最新のものと異なる場合などお気づきの点がございましたら、お手数ですが同様にお問い合わせフォームよりご指摘頂けますと幸いです。

ひとり親家庭の方々に役立つ情報発信に、皆様のご協力をお願いします。