ひとり親家庭のための、ウタリくらぶ

ウタリくらぶでは、ひとり親家庭に役立つ情報をお届けします。

    水道・下水道料金が減免されます。小樽市のひとり親支援

    投稿:   更新:2016/05/21

    カテゴリー:生活・住まい 北海道 小樽市 育児・教育 地域別情報

    北海道小樽市のひとり親支援策をご紹介します。

    小樽といえば、なんといっても運河が有名です。

    だからでしょうか??水道料金・下水料使用料の減免について、詳しくHPに載っていました。

    ***

    水道料金・下水道使用料の減免制度

    どのような制度?

    小樽市では、水道料金・下水道使用料の減免制度を実施しています。

    対 象

     世帯区分  基準  申請に必要なもの
     母子世帯  児童扶養手当の支給を受けている母子世帯。 ・児童扶養手当受給者証
     公的年金を受給し、世帯の所得合計が児童扶養手当受給世帯と同等以下の母子世帯。  ・直近の年金支払い通知書
    ・印鑑

    減免後の料金

    • 水道料金
      基本料金と超過料金の合計額の4分の3
    • 下水道使用料
      基本使用料と超過使用料の合計額の4分の3

    申し込み先

    申請書

    [PDF]減免申請書

    [PDF]記入例

    【問い合わせ先】

    otaru1

    JR通勤定期の割引

    どのような制度?

    児童扶養手当を受けている人とその家族は、JR通勤定期が3割引で購入できます。

    手続き

    担当課窓口で「特定者資格証明書」の交付を受け、さらに「特定者用定期乗車券購入証明書」の交付を受けてください。

    必要書類

    1. 定期券を購入する方の写真(6ヶ月以内撮影の正面上半身)
    2. 児童扶養手当証書
    3. 印鑑

    JR各駅の窓口に「特定者資格証明書」を示し、「特定者用定期乗車券購入証明書」と「定期乗車券購入申込書」(駅の窓口にあります)を提出してお求め下さい。

    【問い合わせ先】

    小樽市 福祉部 子育て支援課
    住所:[MAP]〒047-8660 小樽市花園2-12-1
    電話:0134-32-4111(内線314)
    FAX:0134-31-7031
    メール:kosodate-sien@city.otaru.lg.jp

    就学援助

    どのような制度?

    小樽市では、お子さんたちが学校で楽しく勉強できるよう、経済的な理由で学用品費や給食費などの負担が困難な世帯に援助をしています。
    援助を希望される方は、必要な証明書類を添付の上、「就学援助申請書」を提出する必要があります。

    対 象

    1. 小樽市内の小中学校に在籍している方
    2. 援助を受けようとする年度の前年1年間の収入(総収入)がおおよそ下表の基準以下で就学援助を希望される方
    3. 前年に比べて、失業、倒産、長期療養、火災、交通事故などにより、収入額が大幅に減少し、現在の収入状況と違う場合で、現在の収入を基に計算した1年間の収入見込額が下表の基準以下で就学援助を希望される方

    ※生活保護を受給している世帯は、修学旅行費と医療費のみ援助費目としますが、申請書の提出は必要ありません。

    申請手続

    [リンク]就学援助制度の申請手続について

    援助の決定

    就学援助申請書の審査結果は、5月上旬頃に在学校を通じてお知らせします。
    年度途中に申請された方には、随時在学校を通じてお知らせします。

    【問い合わせ先】

    教育委員会 教育部学校教育課
    住所:[MAP]〒047-0024 小樽市花園5-10-1
    電話:0134-32-4111(内線 教育推進係526/保健体育係527/適正配置担当533・537)
    FAX:0134-33-6608
    メール:gakko-kyoiku@city.otaru.lg.jp

    otaru5

    『ご相談承ります』小樽市のひとり親支援の詳細レポートへ

    小樽市の記事一覧へ

     

    投稿:   更新:2016/05/21

    カテゴリー:生活・住まい 北海道 小樽市 育児・教育 地域別情報

    ウタリくらぶに記事掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

    その他、制度改正等に伴い掲載された内容が最新のものと異なる場合などお気づきの点がございましたら、お手数ですが同様にお問い合わせフォームよりご指摘頂けますと幸いです。

    ひとり親家庭の方々に役立つ情報発信に、皆様のご協力をお願いします。