ひとり親家庭のための、ウタリくらぶ

ウタリくらぶでは、ひとり親家庭に役立つ情報をお届けします。

夜間にお子さまをお預かりする制度、トワイライトステイ事業あります。北海道北広島市のひとり親支援

シングルマザー・シングルファーザーの皆さま、北広島市では夜間養護を利用できます。ご利用ください。

トワイライトステイ事業(夜間養護等事業)

どのような制度?

ひとり親家庭の母又は父が、仕事等の理由により夜間に児童を家庭で養育することが困難となった場合に、市内の児童養護施設でお預かりします。

利用する時には、事前に児童家庭課に申請する必要があります。(利用日の3日前程度)

対 象

1歳以上18歳未満の児童(施設まで通所できる児童)

利用時間

概ね午後4時~午後9時までの間

利用期間

1回につき1箇月以内(ただし、やむを得ない場合は、最小限の範囲内で延長可能)

利用できる施設

児童養護施設 天使の園
住所:[MAP]〒061-1121 北広島市中央4-5-7
電話:011-372-3520

児童養護施設 ふくじゅ園
住所:[MAP]〒061-1106 北広島市西の里南1-3-6
電話:011-375-3237

利用料金(日額)

  • 生活保護世帯・市町村民税非課税世帯…0円
  • その他の世帯…500円

申請先

児童家庭課

【問い合わせ先】

北広島市 保健福祉部 保険年金課
住所:[MAP]〒061-1192 北海道北広島市中央4-2-1
電話:011-372-3311(代表)

kitahiroshima4

住宅支援

(1)公営住宅(市営住宅)

公営住宅のうち市が建設・管理する住宅です。

市営住宅は、公営住宅法に基づいた『公営住宅』で、持ち家がなく収入が低くて住宅に困っている人のための、市が建設し管理している住宅です。

家賃は民間のアパートなどに較べて安くなっています。これは建設や管理のための費用に税金が使われているからです。

市内には同じ公営住宅として、市営住宅のほかに北海道が建設し管理している道営住宅もあります。

<市営住宅に入居するには>

空き住宅が出たときに入居者を募集します。
広報きたひろしま』や市ホームページに、募集する住宅番号、家族数や収入などの条件、申込日などが掲載されます。

入居を希望する住宅があれば、

  1. 住民票
  2. 所得を証明できるもの(源泉徴収票・年金支給通知書など)

を添えて入居申込書を指定された日に市役所建築課に提出します。

申し込みがあると、世帯の収入などの状況を確認し市営住宅運営委員会(委員は市民5人で構成)の意見を聞いて入居者を決定します。

決定の通知が届いてから、敷金納付などの手続きをして入居します。
通常申し込みから入居まで1ヶ月程度かかります。

【問い合わせ先】

北広島市 建設部 建築課
住所:[MAP]〒061-1192 北海道北広島市中央4-2-1
電話:011-372-3311(代表)

(2)公営住宅(道営住宅)

下記までお問合せください。

 【問い合わせ先】

北海道住宅管理公社
住所:[MAP]〒060-0005 札幌市中央区北5条西6(第2北海道通信ビル7F)
電話:011-205-5255

kitahiroshima3

医療費助成

どのような制度?

ひとり親家庭の父または母で20歳未満の子どもを扶養している方、及びその20未満の子どもが病気やケガなどで、医療機関等で治療をうけたときの医療費の一部を給付します。

※ 所得制限あり

対 象

  1. ひとり親家庭(母子・父子家庭)および両親のいない家庭の18歳未満の子ども(18歳に到達した最初の3月31日まで対象)
  2. 18歳未満の子どもを扶養または監護しているひとり親家庭の母または父

※ 子どもが18歳以上であっても学生等でひとり親家庭の母、父または両親の死亡等により他の家庭で扶養されている場合には、20歳に達した日の属する月の末日まで助成対象となります。
※ 父または母が重度の障がいのとき、ひとり親家庭に準じるものとして該当する場合があります。

助成対象医療

  • 子ども  ~  通院・入院及び指定訪問看護 ※
  • 母また父  ~  入院及び指定訪問看護 ※

※ 学校内でのケガ等により「日本スポーツ振興センター」から医療費が助成される場合は、助成対象外となりますので、受給者証は使用しないでください。

所得制限

申請者及び扶養義務者(同住所に住む親族等)の前々年中の所得が下表の所得制限以上であるときは、この制度を受けることはできません。

扶養親族数 所得制限額
ひとり親家庭の父又は母 及び孤児等以外を養育する養育者 孤児等の養育者、配偶者及び扶養義務者
 0人 1,920,000円 2,360,000円
 1人 2,300,000円 2,740,000円
 2人 2,680,000円 3,120,000円
 3人 3,060,000円 3,500,000円
 4人以上 1人増すごとに、
380,000円の加算
1人増すごとに、
380,000円の加算

※ 扶養親族数…前々年中の所得申告時に申告した扶養親族の人数
※ 所得額…前々年中の年間収入-(給与所得控除又は必要経費)-控除額(下表参照)
※ 児童の父又は母から養育費の支払いを受けている場合は、その80%を所得に含めます。

<控除額一覧>

控除内容 控除額
一律控除(社会保険料相当分) 80,000円
 雑損・医療費・小規模企業共済等掛金・配偶者特別控除 課税上実控除額
 特別障害者控除・特別障害者扶養控除  400,000円
 障害者・勤労学生・障害者扶養控除  270,000円
 老人扶養控除  100,000円
 老人扶養控除(扶養義務者のとき)  60,000円
 寡婦(夫)控除(請求者が父または母のときは除く)  270,000円
 寡婦控除特別加算(請求者が母のときは除く)  350,000円
 特定扶養親族(請求者のみ)  150,000円

必要書類

  1. 健康保険証
  2. 所得課税証明書
  3. 戸籍謄本等ひとり親家庭であることを証明するもの
  4. 在学証明書等(子どもの年齢が18歳以上の場合)

申請場所

保険年金課 医療給付スタッフ5番窓口、各市役所出張所

【問い合わせ先】

北広島市 保健福祉部 保険年金課
住所:[MAP]〒061-1192 北海道北広島市中央4-2-1
電話:011-372-3311(代表)

kitahiroshima5

『ご相談うけたまわります』北広島市のひとり親支援の詳細レポートへ

北広島市の記事一覧へ

ウタリくらぶに記事掲載をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

その他、制度改正等に伴い掲載された内容が最新のものと異なる場合などお気づきの点がございましたら、お手数ですが同様にお問い合わせフォームよりご指摘頂けますと幸いです。

ひとり親家庭の方々に役立つ情報発信に、皆様のご協力をお願いします。